アフィリエイト

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

2005年7月

このスピーカがお勧め

ボーナス商戦最終レポートです(笑)

というわけで結局PC関係に費やしたのは
・HDD
・ビデオキャプチャ
・HDD外付けケース(2つのHDDを1つのケースに入れるやつ)
・内臓USBボード(ケースで外付けを増やしたためポートが慢性的に不足してきたので)
・SB LIVE24BIT
・スピーカ Met's MSP-301

この中で今回は最後のスピーカに焦点を当てて見ましょう。

元々音楽マニアであって音響マニアではないので、音は出てればそれなりに、というタイプで。安くてそこそこのものを選んでいたのですが、今回SOFMAPでこれのサンプルがかなりよかったので品切れのを予約注文して購入しました。

このスピーカまずクリアな音をクリアに聞かせてくれます。余計なノイズやひずみが少ないです。ボリュームを最大値の半分程度まで上げてみましたがほとんど歪みません。そして、本体の写真を見ればわかるように左スピーカの横にウーハがつくという独特のデザイン。能力の方は・・・かなり高いです。これもBassボリュームを最大の半分弱のところで聞いていますがやっぱり歪まない上に、音響的に変な位置にベース音が出てくることもありません。(ちなみにレイアウトはわざと標準と逆で、ベースが真ん中に来るようにしています)

そしてきになるお値段ですがなんと3800円程度。4千円切るスピーカとは思えないです。PC用といわずミニスピーカ探してる方にはかなり自信を持ってお勧めします。音楽のジャンル的にはいわゆるR&B?(なんであの手のクリアのハイトーン女性ボーカルがそう呼ばれるのか未だに理解できないが・・・)。J-POPなどもOK。メタル系はノイズが載らないという点において若干好みが分かれそうw

今日の1曲:やっぱり彼女はすごかった / 柳ジョージ
テストに使用された曲(笑)でもこの曲ってこんなかっこいいベースラインだったのか・・・^^;;

Skill Kill

社会人にはほとんど関係のないイベント、夏休みがやってきた今日この頃皆さんいかがお過ごしでしょうか。ラグナロクでも夏休みキャンペーンが発表されました。

今回の目玉はドミノピザ20%OFFチケットスキル再振りNPCの登場です。マイグレのときも巻き戻り期間を利用してのスキル再振りNPCは登場したのですが今回は恒久的なものです。キャンペーン期間が終わってしまえばもはや戻ることかないません。

そんなわけでうちの娘も一人、スキルが大失敗しているものがいますので早速し振り内容を考えたいと思います。ちなみに現在のスキルはこんな感じです。job50完成見本はこちら

まず、間違いの一番大きなところは「盾クルセなのに両手剣10」、次に「無駄すぎるデボージョン1」、「バッシュ5とマグナムブレイク2」この3点です。
そしてステータスはAGIをベースとしたバランス型、つまり決め手にはかけるのですごいピンチにならない代わりにいつもピンチ。せっかくスキルの再振りができるわけですから、このあたりの構造的欠陥を何とかしてみようとするわけです。

そこでできたのがこれ

AGIベースの利点を生かしてスピアクイックンによる攻撃力加速。70台以降の狩場を考えたDBによる攻撃力増加。そして無駄のないスキル構成!まさに前の欠点を反省し作られたヴァージョンといっても過言ではありません!

ただ、再振り費用がレベルx20000zで1.6M程度・・・ええ、そんな金はどこにもありません_| ̄|○

つまり・・・どこまで言ってもWEBに書いた餅でしかないんですよ。・゚・(ノД`)・゚・。

今日の1曲:Alone / GZR
やっパリ誕生日プレゼントとして8年ぶりにGEEZER大先生が送ってきてくれた新作。

ネタはネタだといわれる為の

さて、久々ラグナロクねたです。ここ最近音楽ねたのみだったのでうちが本来ラグナロクサイトだということを忘れた人も多かったのでは!( (≪●≫) )Д( (≪●≫) ) くわっ!

なにせ、私がそうだった

さて、アユタヤが実装されていろんなものがついでに実装されましたが、未だにアユタヤの地にさえ言っていない私には関係もないと思いきや
Hearl5 龍之城クエストの青箱からこんなものが出てきました。相変わらず世間からワンテンポずれたところで恩恵を受けています_| ̄|○

アユタヤで実装されたこのスクロールシリーズ、現状控えめ出現(箱限定)なのでコストとの兼ね合いから連発はできませんが、内容的にはヒール、ボルト、テレポートとオーソドックスなところが取り揃えられており緊急用の一撃としてはそれなりに期待できそうです。

しかし一部のユーザ的には
その能力をプロフェッサーやクリエイターあたりにつけてやれよと
そんな苦情も聞こえます。

しかしここで声を大にしていいたい、
それより、水雑巾と筆を早く実装しろと!
ホムンクルスより明らかに忘れられてるんだよ!

以上アップデートのたびにゲフェンの隅っこで叫ぶローグがいたとかいないとか・・・

今日の1曲:What You're Living For / IOMMI -TONY IOMMI & GENN HUGHES
私の誕生日直前にIOMMY先生が送ってきてくれたプレゼント。

300part3

というわけでランキング最終日です。

68位HAREM SCAREM「MOOD SWINGS」、64位ANGRA「TEMPLE OF SHADOWS」、63位RAINBOW「DOWN TO EARTH」新旧取り混ぜた順位。今年発売のANGRAが93年、79年の名作と並んでいます。HAREM SCAREMは残念ながら一発屋的になってしまいましたがそれでもこのアルバムは名作。最新作がそれっぽい路線になったらしいですが・・・

56位ASIA「ALPHA」、52位DEEP PURPLE「BURN」、51位JUDAS PRIEST「SAD WING OF DESTINY」大物を3つ。ASIAは「ASIA」の方が好きなのですがこちらのアルバムでランクイン。DEEP PURPLEは・・・やっぱり低いよなぁ、その上のPRIESTが高いというわけではないのですがそれでもこのアルバムが後世に与えた影響を考えるとやっぱり低いよなぁ・・・

47位LED ZEPPELIN「LED ZEPPELINⅡ」、46位BLUE OYSTER CULT「SECRET TREATIES」
BOCの名作がZEPの名作を超えたっ!?めでたいめでたい♪どちらもすばらしいアルバムで甲乙つけがたいのですが、ZEPはまだ出るでしょうけど、BOCはこれが切り札なのでこの順位は勘弁してやってください(マテ

44位MR.BIG「LEAN INTO IT」ZEPとかよりも上とかいわれると微妙なところもありますがこのアルバムの充実度は間違いないので順位そのものは納得です。

43位DIO「LAST IN LINE」、YNGWIE MALMSTEEN「TRILOGY」、40位RAINBOW「BENT OUT OF SHAPE」御大3人そろえてみました。御年六十云才のハードロック界最強ボーカリストのRONNIE JAMES DIO率いるDIOの初期の傑作。これぞハードロックの1枚が順当にランクイン。ボーカルのレベルとしては今でもここからまったく衰えていないのはすごいんだよな・・・
「TRILOGY」はどこをとっても文句なしの名盤。ただ、このアルバムのボーカリストは過大評価されてると思うのは気のせい?
40位から本誌でもコメントがついているのですがこのアルバムが最高だと押す人多しとありますが私もその一人。とにかく捨て曲がなくファンが求めているRICHIE像がすべて凝縮されているといってもいいアルバム。だからこのころまでは戻ってきてください_| ̄|○ 

25位HELLOWEEN「KEEPER OF SEVEN KEYS PARTⅡ」2度目の登場(笑)最新作が「守護神伝 ~新章」だそうですが果たしてどうなるのやら・・・

24位OZZY OSBOUNE「BLIZZARD OF OZZ」コメントが、すごいのがOZZYではなくギターのRANDY ROSEだとw
同じ評価は13位ALCATRAZZ「NO PAROLE FROM ROCK'N'ROLL」・・・まぁ、そうだよなぁw

23位JUDAS PRIEST「DEFFENDER OF THE FAITH」、22位IRON MAIDEN「THE NUMBER OF THE BEAST」NWOBHMの名作が2曲並んで登場。じつはPRIESTに思い入れが少ないのでこの順位が妥当かどうか不明^^;
MAIDENは文句なし。

21位BLACK SABBATH「MASTER OF REALTY」OZZY時代の代表を1枚を上げるのは難しいがという注釈をつけての登場。これが名作なのは紛れもないけどやっぱこのクラスは後世への影響を考えての選出をした方が良いような・・・その観点からすると2ndの「PARANOID」ではないかと。
しかし自分でこう書いても確かに納得しきれないのはさすがというべきか。

TOP10前ラストは11位LED ZEPPELIN「LED ZEPPELIN」うーん、ここに来てまた微妙な順位に。まぁこのあたりの順位にはいい加減文句のつけようがなくなってますな^^;

10位WHITESNAKE「WHITESNAKE」
WHITESNAKEの今の地位を気づいたといっても過言でないアルバム。これが出なければ日本とヨーロッパでしかヒットしないバンドの仲間入りだったわけで、その意味でも名盤。

9位BLACK SABBATH「HEVEN AND HELL」
コメントによると「当時の素直な感想としてはOZZYが辞めてよかった」はい、そのとおりでございます。RONNIEがやっぱりすごいボーカルを聞かせてIOMMYがSABBATH以外の何物でもないリフをかってないスピード織り交ぜながらGEEZERがベースをうならせる。ここから後のSABBATHでは見えなくなってしまったもの_| ̄|○

7位GUNS N' ROSES「APPETITE FOR DESTRACTION」
個人的にこのランキング中一番納得できるところ。音楽に限らずファッションなんかにもGUNSが与えた影響を考えると当然かと。これ以外のアルバムは基本的にどうしようもないのですが。

5位DEEP PURPLE「IN ROCK」
「MACHINE HEAD」「LIVE IN JAPAN」を抑えての受賞。原点がここであることを考えればこれを代表としてここに入れるのは納得。

4位METALLICA「MASTER OF PUPPETS」、3位IRON MAIDEN「IRON MAIDEN」、2位JUDAS PRIEST「SCREAMING FOR VENGENCE」
えーっと、すいません、この辺思い入れがいまいちないんですよ_| ̄|○ ガックシ・・・どれも名盤だとは思うのですがなんとなく高すぎるなぁと・・・

1位RAINBOW「RISING」
さすがB!誌!編集長の権限は伊達じゃない!(笑)
といってもこれがここにいて異議を唱えられる人は少ないんじゃないだろうかと思える名盤。

え、お前、40位の「BENT OUT OF SHAPE」がRAINBOWの最高傑作だっていってなかったかって?えっと、その件については忘れてください・・・じゃなくって、これがB!誌である以上よりハードロック・ヘビーメタルに近い作品が上位に来るのは正しいと思うからです。BENT~はアメリカ制圧を目指しているために音質自体はかなりポップでそれゆえ私が「ハードロック・ヘビーメタルが嫌いな人にお勧めするアルバム」としているのです。対象がそんな方たちであれば、文句なくこちらを1位にします。

というわけで3日にわたって紹介してまいりましたが、名盤っていってもこれだけあるのね_| ̄|○
今後ともこのランキングを大きく変動させるようなアルバムに出会えれば願ってやまないわけです。

今日の1曲:A LIGHT IN THE BLACK / RAINBOW
1位記念。

7・23:なんでスペルあそこまで間違えてるんだ・・・

300part2

実はROはこっそり引退全アカウント復活、復帰早々BOTが落としていったプランクトンc拾ってたり( ̄ー ̄)ニヤリ

さて、前の記事の続きです。

177位PINK FLOYD「The Dark Side Of The Moon(邦題:狂気)」工エエェェ(´д`)ェェエエ工
あり得ねー低さ。だってあんた、KING CRIMSON「IN THE COURT OF CRIMSON KING」は37位なのに・・・確かに個人的にもFLOYDは「WISH YOU WERE HERE(邦題:あなたがここにいてほしい)」が最高傑作だと思ってるけどそれでも低すぎる。FLOYDとCRIMSONの代表作でこれだけの差が出るのはかなり意外。

161位CREAM「LIVE VOLUME Ⅱ」、156位BLACK SABBATH「VOL4」、148位LED ZEPPEELIN「FOUR SYMBOLS」
まとめて工エエェェ(´゚д゚`)ェェエエ工
いや、なんか絶対おかしいってだってさ、
142位IMPELLITTERI「STAND IN LINE」、117位COVERDALE・PAGE「COVERDALE・PAGE」が上ですよ?まぁ、IMPELLITERIは今となっては本人さえ弾けないフレーズ満載の超絶アルバムだからしょうがない所もあるけど、カバペはZEPとWHITESNAKEが合体してKINGDAM COMEにさえならなかったという代物ですよ?発売当時のレビューでもかなりだめと評価されてた覚えがあるんだが・・・個人的にはランク外で十分の1枚なのに_| ̄|○
ちなみにその2枚の間にある128位LIONSHEART「LIONSHEART」は納得。これは名曲”Can't Beleive”のプロモが日本で作成されたり来日公演でも東京公演はボロボロだったのに大阪公演は最高のでき(私は大阪見に行きましたw)と、記憶にもなかなか残っていますし。

116位BLUE OYSTER CULT「FIRE OF THE UNKWON ORIGIN」、115位THIN LIZZY「BLACK ROSE」、114位MICHEL SCHENKER GROUP「ASSALUT ATTACK」、113位WHITESNAKE「READY AN'WILLING」
BOCキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!しかもかなり渋いところできました。順位的には全体に妥当なところではないかと。ちなみに便宜上BOCと書いていますが実はOはウムラントです。上に点が二つついてます。ドイツ語だと思ってたのだけど英語でもこの表現はあるらしいです。

101位HELLOWEEN「KEEPER OF THE SEVEN KEYS PART1」、100位JIMI HENDRIX「ARE YOU EXPERIENCED?」、97位OZZY OSOURNE「DIARY OF A MADMAN」
少し評価が低めな3枚。特にHENDRIXはもう少し上でも良いかと。

84位WHITESNAKE「SLIDE IT IN」
キタ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(゚∀゚)゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*!!!!!えーっと、高すぎです(笑)「READY AN'WILLING」より上と言うのがかなり意外。アルバムトータルの出来としてみたらこっちになったのかな?

82位DEEP PURPLE「PARFECT STRANGERS」
再結成は失敗する、という伝統を打ち破った一枚。これが出る直前のGILLANとかほかのメンバーはどうにもぱっとしない活動だったし御大はRAINBOWいきなり崩壊させるわでちゃんと物が作れるんだろうなと思ってたら予想をはるかに上回るものを作ってしまったと。第5期(いわゆる再結成後)これと同等に並べられるアルバムはほとんどないというのも・・・個人的には「SLAVES & THE MASTERS」は傑作なのですが・・・

というわけでPURPLEが出た所で次回こそ最終回の方向でノシノシ

今日の1曲:Half Moon ~月下独酌 / 小暮伝衛門

300part1

さて、極々一部で話題のBURRN!誌アルバムランキング300についてデス。まずは300号発行に敬意を払いましょう。もえよんは1周年+1の13号でおわったし。25年メタル一本で発行し続けたのは立派です。

本誌にも書かれていますが、本記事の突っ込みも、元のランキングも全て独断と偏見なのであくまで個人の意見です。自分の意見と違うからといって怒らないように。あんたの考えまでシラネーヨ。

さて、まずランキングを下から追っていきましょう。

まず最初に自分の聴いているアルバムは・・・294位FOGHAT「LIVE」が。正直FOGHATが入ってると思わなかったのでかなりうれしい。しかしこの時点で「Fool For the City」は入ってないことが確定(´ヘ`;)マ、ショーガナイ
すぐ上の292位にLION「DANGEROUS ATTRACTION」が。B!誌にしては低い順位かと。それとも時代の流れ?DOUG ALDRICH加入後のWHITESNAKEの新作が出ていればもっと高い順位かも。

次は289位ALCATRAZZ「DISTARBING THE PEACE」。STEAVE VAI在籍時。少なくとも286位ERIKA「COLD WINTER NIHGT」とは入れ替えても良いような。ちなみにERIKAはYNGWIEの1st嫁。アルバムで共作したのが「Broken Glass」だったことから離婚はすぐだといわれてましたがやっぱりすぐでした。流石高速ギタリスト(マテ

そして次に出てくるのは・・・277位ANDREW W.K.「I GET WET」Σ(゚Д゚;エーッ! 
これは順位低いと思いつつ、25年の歴史からするとこれぐらいなのかな・・・実際少し上を見てみると271位JANIS JOPLIN「PEARL」269位BLACK SABBATH featuring TONY IOMMI「Seventh Star」とそうそうたるアルバムが来てます。つうか、この2つも低すぎるようなw

前の2つがメジャーの中で低すぎるものとすれば、次の2つはマイナーながら高いもの。261位GRIM RIPPER「ROCK YOU TO HELL」256位HUGHES/THRALL「HUGHES/THRALL」。順位的には不満無し。むしろ先の2枚とそれぞれ入れ替わってたとしても怒る気にはならないですな。

次は241位BLACK CROWS「Shake Your Maney Maker」サザンロックの名盤。しかし2ndじゃなくってこちらの1stのみがランキング。個人的には逆かなぁ・・・難しいところ。

さらにランキングを進めると・・・184位YNGWIE MALMSTEEN'S RIGING FORCE「Odyssey」183位BLACK SABBATH「TYR」。インギー初登場、SABBATH2回目。順位は妥当なところ?

というわけで長くなってきたので次回につつくと。

今日の1曲:エキサイト / 人間椅子
♪今日がだめなら明日がある、明日には明日の風が吹く~何かを悟ったっぽい

Befor B!

週末の楽しみ某shopの中古cdコーナーです。今日は残念ながら購入物はなかったのですが、なかなかにおもしろいものを 発見(*゚Д゚) ムホムホ

1.Windows / MVP(Mike Vesera Project)
元LOUDNESS~YNGWIE MALMSTEEN'S RISING FORCE~RING OF FIREのヴォーカリストのソロアルバム。YNGWIE在籍時だったのでYNGWIEもギターで参加、この後、当時のYNGWIEの嫁さんを寝取りクビになりました。私としてはRISING FORCEのヴォーカリストとしては実は一番評価してたりして戻ってきて欲しいところもあるんですが、上記の理由によりそれはあり得ません。
さて、このソロアルバムですが、実際に力量の高さの伺える良いアルバムで、どっちかといえばハードポップ寄りで、YNGWIEにしても比較的地味なギターを弾いています。
購入しなかった理由は、既に持ってるから(´▽`*)ソリャソウダ

2.A Little Ain't Enough / David Lee Roth
VAN HALEN加入直前のソロだっけ?購入しなかった理由は興味がわかなかっただけ。「Sky Scraper」や「Eat Em&Smile」なら即買いだったのですが・・・

3.Cherry Pai(邦題:いけないチェリーパイ) / Warrent
LAメタルの(´∇`)ケッサク?購入しなかった理由は・・・いろんな意味で怖かったから(TーT)

しかし買わなくてもネタになってくれるな、この店ヽ( ̄ー ̄  )ノ

今日の1曲:Resurection / HALFORD
あくまで音楽繋がりであって、けっしてハードゲイ繋がりじゃない>HALFORD

ランキング300

そんなわけで今週もくだんのお店でせどってきました。

流石にもう無いだろうと思っていたのですが、いきなり「ギター侍の歌2」とか 発見(*゚Д゚) ムホムホ
1聴いてなかったら買うところでした( ´ロ`)

そんな中でかなりの大物 発見(*゚Д゚) ムホムホ
そしてもう一枚、値札が付いていない気になるアルバムを 発見(*゚Д゚) ムホムホ ムホムホ
値段を確認したところ2枚組で100円Σr(‘Д‘n)

そんなわけで今回はこの2枚です。

1.解体全書~ベスト・オブ・カーカス / CARCASSS
ジャケットに死体写真とか使って一躍有名になってしまった?デスメタルバンド。もっとも現在ARCH EMEMYで大活躍中のマイケル・アモットが在籍してたりメロディラインの良さは4thの「HEARTWORK」でも見せつけてくれた実力派のバンドですが、如何せんいわゆるデス声のVoがどうしても合わずかなり敬遠していたのですが、今回日本限定のこれが100円だったので改めて購入。ベストだからタイトルだけで吐きそうな「硫酸どろどろなんでもとかす」とか「内蔵大爆発」とか、曲も厳選されているだろうしと期待。

で、改めて聴いてみると・・・あれ?こんなに良かったっけ?以前あれほどだめだったVoがなんかすんなり受け入れられて、メロディそのものは4th以外の曲も確かにカッコイイのですよ。何でもっとしっかり聴かなかったんだろうと少し後悔。
これが大人になるっていうこと!?Σ(゚Д゚;エーッ!

2.The Final Countdown / EUROPE
Burrn!誌300号記念、アルバムベスト300で 第31位の名盤。これも80円。何度聞いてもタイトル曲は名曲。でも実はアルバムとしてはほかの曲はかなり地味^^;

ちなみに前述のCARCASSのHeartworksはランキング第108位。先月せどられたQUEENSRYCHEのOpertion:Mindcrimeはこのランキング第6位アッヒャッヒャ!ヽ(゚∀゚)ノアッヒャッヒャ!

良いんですか、このお店_| ̄|○<モットヤッテクレ

今日の1曲:Electric Lady Land / JIMI HENDRIX
あえて思い入れのある5曲に入れなかった曲。これに対する思い入れはそれとは違うから

悪いことと良いことと

えーっと・・・

HDDの入れ替えをしたところ、見事に環境移行に失敗しています・゜・(ノД`)ヽ(゜∀゜ )アヒャヒャ
そんなわけで、今色々苦労しているので、しばらくまったりと_| ̄|○

やっぱり某ARKのSOFTは鬼門なんだよなぁ・・・

さて、それともう一つ。このニュースですが
http://www.isas.ac.jp/j/snews/2005/0710.shtml

あえて、URLのみ。
横のアフリエイトにも書いてありますが去年1年ちょっと、私がお手伝いさせていただいた衛星が無事うちあがりました。
今回、自分はあまり設計とかには関わって無く試験の手伝いをしていたのですが、それでもこうして無事うち上がり、衛星になったという話を聞くのはうれしいです。

この手の事業は色々いわれてるところもあるんですが、ホントにいろんな人が関わってて、ここまで来るのにそれこそ何万何千と人が関わってます。そんな思いを載せて、無事うちあがったわけで、ブラックホールの謎がホントに解明できるかはおいとくにしても、頑張って任務を果たして欲しいものです。

今日の1曲:Flying High Again / OZZY OSUBORNE

秒間60炎のコマ

少し前に書きましたボーナスの使い道計画、やっとボーナスが出たので実行いたしました。

結局購入したのは
・SATA HDD 300G(MAXTOR)コストパフォーマンスから。SEAGATEからもほぼ同スペックのものが出て居たのですがキャッシュ容量が8MBと半分だったので(代わりにシークタイムは1.3ms早い)MAXTORに決定。値段も10円安かったし(ぉ

・Canopus MTVX2005USB
USB接続の外付けチューナー/ハードウェアエンコーダ。内臓のものに比べてノートでも使用可能になると言う汎用性を考えて。実際ケーブルの取り回しを考えるとこちらのほうが楽そうだったので。

そのほか小物をいくつか買っていますがとりあえずおいといて、このキャプチャーがかなり面白いです。

正直我が家のアンテナ線は奥に在る上、入りが悪いのでチューナーとしては正直見ておらず、メインの使用目的はビデオテープのデジタル化だったのですが・・・
ビデオを接続したときに、ビデオ側のチューナでチャンネルが変えられる事に気がつきました。これが何を示すかと言うと、ビデオのチャンネルを外部入力にして其処に繋がってるCATVのチャンネルを替えれば・・・ちゃんとPC側にも同じものが出力されます(ニヤリ

つまり、CATVチューナ+ビデオ+PC(DVDrec)をすべてタイマーで制御すればCATV画質での地上波録画まで完成すると言う事です。

当面其処までやる事は無いと思いますが、これだけでもかなり遊べそうです。久しぶりにPCで当たりの買い物だった気がしていますイカニハズレガオオイカ。・゚・(ノД`)・゚・。

ちなみにこの方法によるテストと言うか、試運転はTBSの「バク天」・・・ええ、レイザーラモーン+郷ひろみのPVはばっちり取れました(ワラ

ちなみに画質はかなり綺麗です、無駄なまでに

今日の1曲:Genital Grinder(邦題:XXXをメンチに) / CARCASS
何でうちでCARCASSなのかはまた後日

6月度購入アルバム評

さて、少し前にも書いたとおり、先月は購入したアルバムが多いので余計な前振りは少なめにw

1.G3 LIVE:ROCKIN' IN THE FREE WORLD / G3 (JOE SATRIANI&STEVE VAI&YNGWIE MALMSTEEN)
SATRIANI先生主催のすごいギタリスト大会の中でもキワモノ凄腕ぞろいのときのライブ。出たのはだいぶ前だったのですが、CDとDVDどちらがいいか散々悩んでアマゾンで安かったCDを購入したわけですが、これはDVDで見るほうが正解だったかも。といってもCDの音質が悪いとかではなく、むしろ3人のチャンネルをかなりうまく振り分けているのでDDの5.1chシステムのほうが面白いんじゃないかと。
演奏力に関しては今更いう事の無い三人揃いなわけで、それぞれにすごいプレイを聞かせてくれます。Yngwieにしてもこのアルバムが出た当時出した、かなり今一なアルバム(「ALCHEMY」)収録のBlitzkriegもこうやって聴けばいいのかと思わせる出来。
DISC2のジャムはギターオリエンテッドな音楽好きは必聴。

2.Phenix Rising / ARTENSION
なんか昔なつかしSHRAPNEL系、いまどきこれはやりすぎだろう。演奏力、曲構成アルバム構成、どれをとっても悪くは無いのだけど、説明としてはSHRAPNEL系以外の言葉が見当たらない。4曲目のBlood Brotherのイントロなんかはかなり良いのだけど量産型Mark Boals見たいなボーカリストがどうもなぁ・・・歌メロがつまんないと言えばいいのか・・・昔のIMPELLITERIとか同じジャンルで括られても個性出てたんだなぁと納得
念のため言っておけば、様式美好きの人ならそれほど酷いハズレにはならない。歌メロさえ良くなれば大化けはできそうだし、って最新はそうなのか?

で、これ書くためにジャケットよく確認したら、プロデューサ、MikeVarnyでSHRAPNEL RECORDSジャン。ホンモノキタ━━━━━━Σ(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!
1997年とYngwieから20年経つのにいまだにこんなことしてるのか・・・

3.Complete of 川島だりあ&FEEL SO BAD / 川島だりあ
先回謎として残ったボーナストラックなんですが、歌詞は提供先の人が書いてるらしいのですが歌メロ完璧にスキャットしてるんで、むしろだりあ版の歌詞が存在してるんじゃないかと疑いたくなる感じ。

4.Please Don't Leave Me / JOHN SYKES
この曲のボーカルはPhilLynottでなければならないと再確認。「ScreamingForBuleMardur」ではSYKESが歌ってたりするわけなんですが、やっぱりPhilのあの哀愁漂う歌い方はまねできないと。TYGERS OF PAN TANGのテイクに関してはDaiveがなぜDoug AldrichをWHITESNAKEに招いたのかが良くわかる感じ。もともと系列の同じギタリストではあるけど、改めて納得。

5.Operation:Mindcrime / QUEENSRYCHE
ごめん、まだ聞いて無い。けど改めて何か言う必要ってある?

6.461OCEAN BOULEVERD DELUXE Edition / ERIC CLAPTON
個人的にCLAPTONのNo.1アルバムだと思ってる「461OCEAN BOULEVERD」のデラックス版でリマスター音源+未発表ライブテイクの豪華版。レイドバックだの何だのの時代にありながら、ライブではきっちりギター親父していたCLAPTONが如実に出ている。I Shot The Sheriffなんてこんなかっこいいソロだったけと思ってしまう。Laylaも「UNPLAGGED」なんかとは違いちゃんとしたロックバージョンでなによりLet It Growと Let It Rainの演奏は元祖泣きギターともいえるすばらしい演奏。

7.臥龍點睛 / 陰陽座
個別でやったので少し補足すれば、6の鬼ころしは今までMETALLICAといったスラッシュ系の影響がある事を出しつつもここまで露骨にやってこなかったという点においてもっとも斬新であり、その中心部においてはスラッシュではなくブリテッシュハードロックとしてのリフを融合させる事で陰陽座らしさを出し、ただのスラッシュでは無いと言う域に引き上げているといえるのではないかと。

でも、こんな理屈は初心者には敷居高すぎるよな~w

と言うわけで今月は陰陽座とCLAPTONもあり、かって無い充実した音楽ライフでした来月もがんばれ(私じゃないところで)

今日の1曲:彷徨う / 陰陽座
口ずさんだら彷徨うものに出会いました。完全回避でうちのステ振って無いスパノビが一度だけ避けました、謎だ。

ソロモンではないところに帰ってきたっぽい

ここ最近音楽の記事が続いたので初心に帰って(?)ラグナロクねたを。

って、今休止中じゃないのかと思われた方!今日から復帰です。しかも、なぜか、3RDアカウントですがw

っていうのもの公式ガイドが届いてしまったので。えぇ、発売されたの完全に忘れていました。仕事から帰ってきて不在通知入ってるのみて、ようやく注文してたの思い出しました

というわけでどんなパターンにせよ、復帰するにはしました。
けっしてROSEonlineの無料期間が7/7で終わるからじゃないです

今日の1曲:Bad Bad Man / JOHN CENA
WWE来日中~♪

貴様の屍乗り越えた

バトン回ってきました。発見したときからネタにするにはいいと思いつつ、そのうちどっかから飛んでくるのを思って待ってたらかなりスルーされた模様(ワラワラ
某所のはバトンを渡したんじゃなくて明らかに捨てたけど拾う?って感じだったしw

ってなわけであおきちから受け取りました。ちなみにネタがなくて更新していなかったのではなくって今週忙しくて気力がなかっただけ。

もう一つ、こっちが最後にバトン渡そうと思ってたちぃさんに先に渡されてた_| ̄|○

あと、タイトルは陰陽座の曲「我が屍を超えてゆけ」より。
あんな明るい曲でこういう詩。このセンスはすごいと思う。

Total volume of music files on my computer
(コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量)


とりあえず調べたところ9G程度。データの比率はMP3:ATRAC3で2:1。で、あとMP3はDVD2枚とCD7枚くらいがあるはずなので其処も入れると25G前後?
未変換の音源まだまだあるんだけどなぁ・・・

ROとかのゲーム音源は入れてません。

Song playing right now
(今聞いている曲)


I Shot The Sheriff (Live) / ERIC CLAPTON

先日ようやく購入した「461OCEAN BOULEVERD DELUXE Edition」の2枚目のライブテイク。悩んでいたのは邦盤か輸入盤かで結局輸入盤。まぁ、オリジナルアルバムは持ってるわけだし。

The last CD I bought
(最後に買ったCD)


陰陽座の「臥龍點睛」と前述のERIC CLAPTONの「461OCEAN BOULEVERD DELUXE Edition」
時間差で陰陽座だけど元々両方買いに行ったつもりで陰陽座だけがなかったのでw

Five songs(tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me
(よく聞く、または特別な思い入れのある5曲)

首領も言っていましたが、5曲じゃむりだっツーの。こちとラ何年(以下逮捕)。そんなこんなでがんばって絞り込んでみると・・・

Slide It In / WHITESNAKE
アルバム「SLIDE IT IN」より。
手元にあるのはオリジナル版。リミックス版は今一と言う噂。
初めてバンドでプレイした曲。浪人生でバンドを組んでしまったためにあまりまじめに練習できなかったw
ちなみにまともに引けるようになった曲はWire and Wood / ALCATRAZZ#2

Circus Left Town / ERIC CLAPTON
大ヒットした「UNPLAGGED」アルバム未収録の曲。
音楽が言葉を超えた曲。

E.C.が息子を事故で亡くしたときに作られた2曲のうちの1曲。
もう1曲は云わずと知れた名曲Tears In Heven。

From Now On.... / GLENN HUGHES
アルバム「From Now On....」より。
”嵐を避ける場所が必要なんだ、僕がここからもっと強くなるために・・・”(意訳)
長いドラッグとの戦いを終えて一線に復活したGLENNの意欲を現すかの曲。で、次のアルバム「FEEL」の1番初めの曲がBig Time。今ここから出発して大きなときが来たと、すばらしい流れ。

ただし、次にVOODOO HILLの2ndの1曲目Make Believeをつなげると「それは幻だ」、となってしまうので注意が必要(ぉ

30歳 / 人間椅子
アルバム「踊る一寸法師」より。
30歳直前ではこの曲は最高に笑えるのだが、30歳を超えるとなぜか一切笑えなくなる。

Fool For The City / FOGHAT
アルバム「Fool For The City」より。
出会ったきっかけは間違いなく一番初めに買ったNewtype誌に永野護のFool For The Cityの最終回が載ってた事。その後何年方って、FFCの単行本も出てその中でこの曲とFOGHATについて語る作者をみ、さらにその後中古でCDを購入。はじめてみたその日から10年近くたってようやく出会えた曲。

番外編
アンドロメダの異星人 / 青樹亜衣
一度聞いたら二度と忘れられない、と言う事に関しては最強。

Five people to whom I'm passing the baton
(バトンを渡す5人)


珈琲氏/Table No.19
TMとか邦楽熱い人

くろぅど氏/Drive Space 2.5D Blog

どこから何を持ってくるかわかんない人

吸管氏/えろぐ
えろい

UEM氏/entre el cielo y el suelo
大学時代の連れ。音楽はジャンル違いで衝突が起きなかった。ここみてるんだろうか・・w

しげ氏/しげたんと愉快な仲間たち
しちゃさんに腐れ代表としてよろしく頼んでください(マテ

そして、スペシャルゲスト、「オヤジ、ブロガーになる」でデビュー予定の人
最初からネタが用意されているのでがんばってください。ネタを用意したので「ネタが無いから」と言ういいわけもこれで断ちましたので
→包囲網をよろしくお願いいたします>関係者

ところでこのバトン、チェーンメールだの何だの言われてるが、TBを有効に使う遊びとしてはいいと思うのだけど見てる限り誰もTBしてないね。

今日の1曲:Come on Everybady / TM NETWORK
これも思い入れのある曲。初めてのライブはTM。そのなかでCome on Let's Danceの中間部分のアレンジとしてこの曲のイントロが使われてました。今にして思えばTK小室使いまわし時代の到ウワオマエラナニヲ

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Twitterさん@TL

  • Twitter営業日記

ゴッドハンド

  • 作業工具専門店のゴッドハンド

Link Share

  • フルイチオンライン
    フルイチオンライン
  • フルイチオンライン<検索>
  • AnimateOnline
    アニメイトオンラインショップ
  • Link Share
    アフィリエイトならリンクシェア
  • プレミアムバンダイ
    ガンダム30周年記念キャンペーン
  • HMV/エルパカ
    HMVジャパン
  • BOOK-OFF Online
    ブックオフオンライン
無料ブログはココログ