アフィリエイト

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月

満員御礼

テンプレート変更していて気が付いたのですが、前の記事でココログに移ってから通算100個目の記事でした。これも日頃チェック頂いてる皆さんのおかげと感謝しております。

たまにしか来ていない人にはその頻度に合わせて感謝してます(笑)

というわkで、ほぼ1年で100記事書けたので来年の今頃には200記事書き上げれるようにほどほどにがんばりたいと思いますのでよろしくお願いいたしますm(__)m

今日の1曲:よかった / FEEL SO BAD

Eat Cooking Own

元々アンチ・SONY派なのに気が付けば、携帯、PSP、マウス、HDDウォークマンと、「お前、絶対SONYファンだろう」と言われる状況になってきました。どうもこれはひねくれ者の習性らしく、アンチ派になるとアンチ対象が不必要に気になるという性質による物のようです。

というわけで長らくに渡りアンチGun-Hoだった私が、エミルクロニクルオンライン(以下ECO)を始めるのはやむを得ないのです。女のケツを追っかけてるだけかもしれないぞ(ア○ロ軍曹談)Σ(゚д゚lll)アンタダレ?

雑誌等ではログインしなくてもゲームに参加可能な「憑依」とビジュアルからしてROのデッドコピーと言われかねないかわいらしいイラストを前面に出されていますが
eco_char 手前のタイタニアの人、マスクが怖い((;゚Д゚)ガクガクブルブル
初めてあったそのときから暗殺(ウワオマエラナニヲスル

奥のドミニオンの人、激しく頭が悪いΣ(゚д゚lll)オレダヨッ!
この落書きペーパ、さりげなくファーザに似てるし・・・

eco_meido こっちの冥土集団はなごみ系ですね。
以前秋葉原でみたメイドさんの集団撮影に近い物が・・・アレハアレデキョウフダッタ((;゚Д゚)ガクガクブルブル

とかように、グラフィックは意外なまでの恐怖系で固められています。まぁ、恐怖というのは冗談ですが予想に比べるとシュールな装備が多いのはたしかです(色物が多いという話も)

さて、一般に最大のデッドコピー箇所と思われているゲームシステムですが戦闘システムそのものはたしかにワンクリックによるサーチ&デストロイですが、特徴的なのは倒した敵が武器を一切落とさないと言うことでしょうか。モンスターは原則的に回復薬と材料しかドロップしません。

この材料がくせ者で、何をどう作ればいいのかは完成品のレシピ欄をみないと何が出来るかわかりません。あとは、合成職人に頼んで出てくる物をてきとーに合わせる。すると何かできるか、一握りの「合成失敗物」が出来るかのいずれかです。これが結構面白く、おかげでドロップ品を店売りすることが来ません。つまり貧乏性の私には絶対に金持ちになれないシステムが用意されてるのです!

斬新すぎるよ、ママン_| ̄|○ノシ バシバシ

というわけで、すいません、流石にM2は引退決定です。タブン誰もやってたことを覚えてないでしょうが(本人含めて)

今日の1曲:Together / 柳ジョージ

オンライン中毒患者

ちょっと面白い記事を見つけました。

個人的にこの国はアレだと思っていますが其処はさしおいて、記事の内容自体は至極まっとうです。そういえば子供の頃ゲームは1日1時間だか2時間で制限されてた。今になって考えるとアレはしつけの観点からしても正しいと思う。当時そんなことは理解も出来なかったが。

そこで、そんな教育を受けて、立派な大人になった私。当然オンライン中毒になぞなっているわけ無いじゃないですか。この最後のチェックも全く怖くないわけです。それではやってみよう

 ①最初考えていたよりも長時間、ゲームにアクセスことがある
  
○。昼ご飯買いに行くまでとか出始めたのに気が付くとおやつの時間_| ̄|○
 ②ゲームが原因で、勉強や学校生活をおろそかにしたことがある
  
○。仕事が常におろそかです_| ̄|○
 ③家族関係よりゲームに興味がある 
  
○。独り者にどんな家族関係に興味を持てと。他人の家族関係をこわ(ウワオマエラナニヲスル
 ④オフラインよりオンライン上で友だちをつくる方だ
  
○。オンラインで嫁が欲しいくらいですヽ(`Д´)ノウワーン 
 ⑤ゲームをするために、やるべきことを後回しにする 
  
○。っていうか、ゲームが最優先。仕事なんてゲームするための資金を稼ぐ手段でしかない(ぉ
 ⑥徹夜でゲームをしたことがある 
  
○。しなかった奴を探す方が難しい。
 ⑦ゲームをしないときも、ゲームのことを考える
  
○。そうしないと厳しいミッドガルドの地は歩めません。リアルの道を歩けるかどうかは些細なことです。
 ⑧ゲームの最中に邪魔されたため、大声を出したり怒ったり邪険な態度をとったりしたことがある
  
X。わざとやったとき以外は心当たりがない。 
 ⑨ゲーム時間を減らそうとして、失敗したことがある 
  
X。減らそうとしたことさえない
 ⑩普通は憂鬱なときが多いが、ゲームしているときは楽しく気分がいい
  
○。憂鬱になりたくてゲームやる訳じゃない。

合計○がつ!7以上はゲーム中毒患者認定(>◇<)b

って、認定されちゃったよ!Σ(゚д゚lll)ガーン

というわけで残った人生は慎ましく中道患者として生きることにします  ゲーム] λ...[人生

今日の1曲:なまけものの人生/人間椅子
ほかにながあるw

1月度購入アルバム評

暴走状態。今月と来月はひどいことにorz
だれか、私と結婚するとかして止めてやってください(マテマテ

1.Dearly
2.D.N.A
3.Z-HARD / JANNE DA ARC
元旦早々、実家の近所のタワレコで発見。なぜか神奈川方面では見ないのでさくっと購入。某首領よりハードロック好きならインディーズ時代のほうがいいかもといわれていたのでDearlyはかなり期待していたのですが・・・このアルバムに関して言えばハードロックというよりはイメージする典型的なビジュアル形のサウンドという気がします。高音域のボーカルを生かしたちょっと甘い目のメロディという、おいらの中のハードロックは割りにシンプルなディスとーション+マーシャルで渋い親父が歌うイメージなのでそこら辺とは一寸合致せず。しかし初期のほうがベースはかっこいいな。
この3枚で比較するとやっぱりメジャー3作目になるZ-HARDがよいですね。これとARCADIAでハードロック路線は極めたというか、この後からはややハードポップによってきているように感じられるですよ。
お気に入りは1.からは”Fantasia”,”Judgement死神のKiss”、2.からは”Deja-Vu”、”Vanity”、”child vision ~絵本の中の綺麗な魔女~”、”桜”、3.からは”prism”、”Dry?”、”7-seven-”、”Neo Venus”、”Warning”というところで。3.からあえて”ー救世主 メシアー”をはずしてみたりw

ところで、2.の裏ジャケがKING CRIMSONの「ISLAND」と酷似しているような気がするのは俺だけですか?

4.Paece of Mind / 稲葉浩志
音源入手してから早2年でやっとCD入手。1.5k円切ったら買いだと思ってたところでいつもの店で500円でした。B'zは皆さんご存知のとおり、NWOBHMのデッドコピー的なサウンドなわけですが、ソロになると両人とも自分の影響を綺麗にだして、正統派のデッドコピーとはいいがたい良品を出すわけなんですが、今回のこれも80年代くらいのポップスのいい香りを残して近代的に仕上げた感じ。タイトルどおり全体的にゆったりとした世界観が構築されてます。

5.Time Capsule / TMN
箱型パッケージに時計のついてるあれです。こんかい、時計なしで700円。で、結論・・・最悪の手前ぐらい;;
えっと、ベストアルバムで一番だめな編集とは、売れたものだけ入れること。さらにシングルだけ入れるとか最悪。で、これは、その両方でした(号泣)しかも、ボーナストラックが「ガボールスクリーン」なんていうか、もう笑うしかないと。久々に700円でも文句の言いたくなる代物でしたわ。

6.TMN BLUE / TMN(NAOTO KINE PRESENTS)
で、5.の話をを某氏とした直後に秋葉のリバティーで1枚180円、5枚で1枚150円のワゴンから出てきたのがこれ。いわゆる”木根バラ(木根氏作曲のバラード)”を集めたベスト集。5.で真っ先に突っ込んだのが”「Seven Days War」じゃなくってB面の「Girlfrend」だろ、名曲は!”だった私にとってはさも当たり前のこちらの編曲に満足がいかないわけなくボーナストラックの”Anoter Meeting”にも納得。TMの持っていた”アナログ”の側面にちゃんと焦点を当てているのは近年のTM評価ではまったく忘れられているところで、これは小室氏がデジタル/ユーロ系(テクノといったほうが早いのか?)で教祖的に扱われているせいでそういう人たちにしてみるとただの裏ベストで価値がないんだろうなと思うと残念でならない。

7.DARIA BEST / FEEL SO BAD
世界一かっこいいバンド活動再開キタ━━゚+.ヽ(≧▽≦)ノ.+゚━━ ッ ! ! !
とりあえず前哨戦ということで旧作からのベスト+埋もれたトラックで、ベストは選曲したのはなんと、DARIA姉さん自らですよ!で、だ、姉さんが選ぶと”Top Of The World”が入らないわけですが(´・ω:;.:...

しかし、この編集を活動再開の前哨とするとするなら、FSBはどうやら、後期「月間FSB」の路線に行くようで、初期FSBのあのアグレッシブさにはかけそうな雰囲気。
本来なら活動再開を祝して大プッシュしたいのだがどうにも不安の残る選曲をしてしまったといわざるを得ない1枚・・・

さぁ、折り返し地点だ。途中出たとおり、秋葉原で買ったものがあと4枚残ってるわけで。当然のようにまだ聞いてなかったり。さぁ、次回はいつになるのでしょうか・・・

今日の1曲:悪路王 / 陰陽座
2月分予告(哂)

12月購入アルバム評

ほどほどがよいと思い知った12月です(謎

1.Fire without Flame / 梶山 章+JOE LYNN TURNER
JOEのソロ名義の名盤「Slame」のコンビが帰ってきた!現在たしかに(RITCHIEを除けば)JOEともっとも相性の良いギタリストで且つライブでも完璧に決められるんだよな・・・。
さて、内容の方ですが流石と言うほか無い出来です。ちゃんとメロディ書けて弾けるギタリスト+ちゃんと歌えるヴォーカリストの組み合わせではずれるわけ無いじゃないですかァ '`,、'`,、'`,、'`,、(´▽`) '`,、'`,、'`,、'`,、
邦楽様式美系ギタリストにありがちなワンパにも陥らずに起伏のとんだ(・∀・)イイ!!メロディは流石です。しかし日本向けボーナストラックがとの事ですがどちらかと言えばBurnのパロディとしてやりすぎ感のあるSlow Burnのほうが良いような・・・とくに、こういうのにすぐ反応する日本人リスナー的にはw

基本的にRITCHIEファンは買って損無し。特に終期RAINBOW好きは買わないと損な1品。
でもRAINBOW2005はちょっと言いすぎだと思われw

2.Permission To Land
3.One Way Ticket To Hell...And Back / THE DARKNESS
「全身タイツに身を包み、悪のはこびるロック界を正すためにやってきた"闇の帝王"ザ・ダークネス」(1stの帯より)

_| ̄|○ノシノシ<バシバシ
あーもう、このバンド最高(爆笑)全身キャットスーツのボーカルがこれほど似合うバンドみた事ねぇ(ハライテェ)ハイトーンボーカルに割とオーソドックスなブリティッシュロックのリフつけてQUEENっぽいオペラチックな要素混ぜたもすぬごいバンド。

曲のセンスも、こう、何というか、モンティパイソン的というか・・・「Bald」ってなんだよー(ワラ

2ndは若干作風が変わったようですがそれでもハイトーン+ブリテン系のリフにばかばかしさは残してます(心なしかオーソドックススタイルが強くなったかという程度)

どっちかと言うことで勧めるならバンドの本質としての表現がある1stかな・・・

4.Inner Vision / PHENOMENA III
PHENOMENAプロジェクト第3弾元々TRAPES、WHITESNAKEの人脈でスタートしたのが気が付けば21GUNS人脈に・・・

曲そのものは悪くない作りだしヴォーカリストも廉価版GLENN HUGEHESみたいな人で個性には欠けますがそれなりに上手い。しかし本来コンセプトアルバムのこのシリーズの割に今ひとつストーリーラインが見えないこともあり、それを補いきれるほど曲が練れているわけではないという中途半端さが致命傷になっている感じ。

まぁ、90年代に良く出したよ、もうすこしがんばれ?みたいな出来

さぁ、次回からは2006年度のアルバム評!
いきなり出血大サービス級、何か10枚軽く超えたっぽいぞ!ヽ(`Д´)ノコロスキカー

今日の1曲:Game Over / REAL BOUT餓狼伝説
Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)エッナニナニ?

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Twitterさん@TL

  • Twitter営業日記

ゴッドハンド

  • 作業工具専門店のゴッドハンド

Link Share

  • フルイチオンライン
    フルイチオンライン
  • フルイチオンライン<検索>
  • AnimateOnline
    アニメイトオンラインショップ
  • Link Share
    アフィリエイトならリンクシェア
  • プレミアムバンダイ
    ガンダム30周年記念キャンペーン
  • HMV/エルパカ
    HMVジャパン
  • BOOK-OFF Online
    ブックオフオンライン
無料ブログはココログ