アフィリエイト

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月

- > [] ○ []-

5/23の記事で鹿児島空港の鹿児島中央行きバス停からの写真をつかっていますが、神奈川から鹿児島へ行く経路は色々ありますが、羽田空港から飛行機で行くのが常套手段と思われます。

会社の出張申請でも本州だと飛行機を使う場合は理由を記載せねばなりませんが、流石に九州と北海道は飛行機が無条件で申請できます。

そして飛行機に乗る際には荷物検査という物がありまして、荷物をX線で調べたり金属探知ゲートで凶器になりうる金属が物がないかを調べるのは皆さんご存じだと思います。

何を隠そう、私・・・・良くこれに引っかかります。・゚・(ノД`)・゚・。

別に人間凶器だから引っかかるとか、危険人物だからとめられるとかそういうのではなく(ないと信じたい)毎回何か申請やかごに入れるのを忘れるのです。

確か、前は爪切り代わりに入れたサバイバルツールが引っかかったのと、あと財布が引っかかったこともありました。

そして今回は、財布もかごに出した、つめきりは事前に申請した。携帯も出した。もう忘れているものはない!万全の体制で臨んだのです!

荷物検査機:( (≪●≫) )Д( (≪●≫) ) <コイツノニモツハアヤシイゼー
Σ(゚д゚lll)ガーン オマエハホントニキカイカ

「申し訳ありませんが、荷物の方開けていただいてよろしいでしょうか」
「あ、はい・・・何がありましたか?」
「ちょっと判らないのですが、カバンの真ん中あたりに丸い缶のような金属があります」
「へっ・・・・あっ、あれかぁぁぁぁぁぁぁぁ・・・」

捕まったのはコレです・・・・

Oden

デモンベイン おでん缶

(ノД`)・゚・。あぁあぁあぁあぁ~~~しまったぁぁぁぁ_| ̄|○

よりにもよって、こんなヲタ臭あふれる・・・しかも元18禁ゲームもののグッズで・・・よりによって一般人っポイッ(ノ´ー`)ノ ⌒ (:D) ゴロンッぽい航空警備員の人に・・・っていうか、ここ羽田空港国内線入場ゲート・・・新手の羞恥プレイですかヽ(;Д;)ノウワーン

せめて国際線なら恥ずかしさも少ないのにっ!モンダイハソコジャナイ

ちなみに何故仕事の出張でこんなものを持っていたのかというと、世界初!おでんでハイジャック☆ミ、ではなく初日は移動だけだったので向こうのマイミクと遊ぶ予定だったのです。で、前日にメッセで話していて「おでん缶」見たことないというのでたまたま前日に入手していたこれを持って行くことになったのですが、まさか捕まるとは_| ̄|○

「あ、判りました、おでん缶です」
「えっ・・?」
「おでんです、おでんの缶詰です」
「あ、そ、そうですが・・・申し訳ありませんが一応確認させていただいてよろしいでしょうか・・・?」

ごまかしきれなかったか_| ̄|○

その後、どのような羞恥プレイが行われたかは読者の皆さんのご想像にお任せしようかと思います・・・・

一応念のため
鹿児島行きANA]  ヽ(`Д´))))))) [プレイ現場

飛行機には乗れました、スチュワーデスさんの対面で

今日の1曲:Lucy in the Sky with Diamond / THE BEATLES
ビートルズもルーシーもつづりも自信がない俺が送る豆知識:この曲の頭文字が「LSD」になることから麻薬のことを歌ったと非難された。

Notice,Die Enter Allry Throught the Heart

(/ω・\)チラッ
|)彡 サッ

一月ぶりのご無沙汰です(=゚ω゚)ノ

とりあえず日本一周ツアーも無事かどうかわからない状態ですが終了しました。ツアー中の出来事は小出しにするとして、ツアー中はいろんな所で色々とお世話になりました_(mm)_
回った各地はどこもそれなりに気はいっているのでまた機会があれば遊びに行きたいですね(仕事抜きで_| ̄|○)

さて、そんなわけで帰ってくるやいなや、ネタのお誘いがありましたので行ってきました、「実写版デスノート」(前編)

原作読んだことありませんが何か(`・ω・´) シャキーン

「ノートに名前書いたら死ぬ、つまりドリームノートの機能限定版?」
と尋ねたら集合場所で怒られました(´・ω・`)ショボーン

まぁ、そんなわけで前情報ほとんどなしで(腐女子向けだと思いこんでた)漫画原作の実写版、激しくイタクなるはず!キット劇場を出るときには
「感想?Two Wordだ! Sxxk It!」と復活したDX張りの文句が言えるかと期待に色々ふくらませていったのですが・・・・

結論:これかなり面白い

いや、ここ最近見た中じゃ間違いなく面白い部類に入るデスよ。っつか、Zがどうしよ(以下省略)と言うわけで以下、いつものようにネタばれとか含みます。

まず、トータルの流れに無駄がないです。原作読んでる人たちから言わせると後編で終わるのかかなり疑問な流れのようですが、私的にはLとの決着が付くことで何らかの結論を出せれば十分ではないかと。
原作がどうなってるのか知りませんが、基本的にLとライトに焦点を当て二人による頭脳戦と徐々に「正義を守り使命」から「自己の正義を阻む物は悪」と墜ちてゆくライトの心理描写は見事ではないかと。

そして、アル意味一番気になるリュークの映像ですが個人的にはちょっとういているような居ないようなと言う感じですが、現時点でもっとも真意が読めない存在として決して陰に隠れるわけでもなく、表に出るわけでもないという点では適切な映像だったのではないでしょうか。

キャスティングについてはよくわかりませんが、演技という点では十二分だったのではないでしょうか。ライト役の藤原なんとかさんも最初は今一でしたが後半、特に最後の詩織を殺したことについてリュークから問われるシーンは微妙な表情できっちり決めてくれたと思います。ただ瀬戸朝香タソ太った・・・・?(ぉ

そんなわけで後編はLとライトの戦いの決着もさることながらリュークがどういった動きをするのか、彼の真意が物語の幕を引くのではないかと推測しつつ期待してまつ。

ところで、後編部分に付いて、俺へのネタばれ禁止です。
ばらしたら縁を切ると、それぐらいの覚悟でよろしくノシノシ

今日の1曲:Don't Fear The Ripper (死神) / BLUE OYSTER CULT

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Twitterさん@TL

  • Twitter営業日記

ゴッドハンド

  • 作業工具専門店のゴッドハンド

Link Share

  • フルイチオンライン
    フルイチオンライン
  • フルイチオンライン<検索>
  • AnimateOnline
    アニメイトオンラインショップ
  • Link Share
    アフィリエイトならリンクシェア
  • プレミアムバンダイ
    ガンダム30周年記念キャンペーン
  • HMV/エルパカ
    HMVジャパン
  • BOOK-OFF Online
    ブックオフオンライン
無料ブログはココログ