« 【目指せ】販売戦隊ヨミウルンジャー【部数王】 | トップページ | 物事の基準 »

王者と熊の物語

世間にはいろいろと王者がいる訳なのですが、私の中で王者といえば当然のようにYngwie Malmsteenになります。

知らない方のために簡単に解説すればスエーデン出身の変態天才ギタリスト。もすぬごい早弾きとクラシック的フレーズによってデビュー以来一気に頂点に上り詰める。愛車フェラーリで事故って大けがをするも見事にカムバック。以降も精力的に創作活動を続ける。
なお、どれぐらい王者かというとプロレスラー高田延彦のテーマソングとして「Power & Glory」を作った際にインタビューアから

「ずいぶんと立派な体格ですがあなたはリングに上がらないのですか

と聞かれたほど。ちなみに縦横とも高田氏よりでかかった、今はもっと横にでかい。
余談だがクラシカル的フレーズの多いロックを様式美と呼ぶことがあるがそう呼ばれるジャンルのメインソングライターは何故かプロレスラーまがいの体型になる(某IMPERITELLI以外)

アルバムもちゃんとALCTRAZZ時代の分から「Unleash the Fury」まで一通り買っており、例え月刊Playboy誌11月号の「史上最高のギタリスト」特集の中でかってYngwieFollowerといわれたPaul Gilbert(ex-MR.BIG)、ALCATRAZZの後任のSteve VaiがランクインしていてもなぜかYngwieがランクインしていなくとも王者は王者なのです。決して前述の彼らが体型で勝てないからではありません、きっとそのはずです、多分、いや、そう信じたい(マテ

とまぁ、これほどまで王者を愛してやまない私ですが、とあるお店で初めてある事実を知りました。これがその驚愕の写真です。

Yngwie 誰だよ、「イングウェイ・アルムステ」って(゜Д゜)
今まで「イングヴェイ・マルムスティーン」とか「イングベー・マルムスティーン」とかはじめのYngwieを間違えた例ならいくらでもみたことあるが、割に読みやすい方を間違えているのははじめ・・・・・・・・

・・・・いや、まて。ひょっとすると、もしかして・・・・間違えていたのは私の方で

中の人の本名はこれじゃないのか!?

そうに違いない、昔は結構細身でかっこよかったし、きっと交通事故にあったとき顔に大けがをして全身着ぐるみになったに違いない!

そうなるとGaryMooreやSteve Grimetto(スペル忘れたよ・・・)の中の人の名前はいったい・・・教えてMMRの人っ!

今日の1曲:One Way Ticket / THE DARKNESS
バンドの中心的人物のVoが薬物中毒が元で脱退だそうです。このバンドの最大の特徴だったジャスティンの脱退は大きいだろうががんばってほしい。

Kuma
  \(⌒-⌒)
   (・(ェ,,)・ ) < そんなエサで俺様がクマー!!
    `つ   `つ      (´⌒(´
     ゝ_つ_`つ≡≡≡(´⌒;;;≡≡≡
              (´⌒(´⌒;;

« 【目指せ】販売戦隊ヨミウルンジャー【部数王】 | トップページ | 物事の基準 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100961/12922799

この記事へのトラックバック一覧です: 王者と熊の物語:

» Junglin' Junks [sytrus 相互link板]
ロック・ロック・ロック!!!!熱いその魂がロック!!!!!!!!大人な香りがまたロック。一緒にライブさせてもらった時はその大きさ、雰囲気に未だかつて無いくらいに楽しいライブでした。また一緒にライブして下さい!HPhttp://tokyo.cool.ne.jp/junglin/ [続きを読む]

« 【目指せ】販売戦隊ヨミウルンジャー【部数王】 | トップページ | 物事の基準 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Twitterさん@TL

  • Twitter営業日記

ゴッドハンド

  • 作業工具専門店のゴッドハンド

Link Share

  • Link Share
    アフィリエイトならリンクシェア
  • プレミアムバンダイ
    ガンダム30周年記念キャンペーン
  • HMV/エルパカ
    HMVジャパン
  • BOOK-OFF Online
    ブックオフオンライン
無料ブログはココログ