アフィリエイト

« 王者と熊の物語 | トップページ | 声を無視した音楽だった »

物事の基準

ROのアイテム課金(というかアイテム販売)、実装は少し先(12/19)ですが内容の発表がきました。内容を巡って各地のユーザサイト、mixiのコミュ等では色々と意見が飛び交っているようですが、私としては

この内容なら問題なし。

です。

一番心配していたのは某ゲームのように

「基本使用無料でアイテム購入になったがアイテム買わないとゲームにならんし、最終的にはふつうにプレイしても前と同じかそれ以上いる」

となるかどうかだったので、今回の内容はどう考えても普通にプレイする上では全く必要は感じません。

見て回ったところ一番多い意見が「プリスキルのスクロール実装でプリが不要になるんじゃないか」という意見なのですが、冷静に考えてください。1時間で300円のアイテムです。こんなもの常備するよりプリ捕まえた方が無駄がないです。ここまでやる人はとっくに2PCでプリ作ってるんじゃないかと思います。個人的にはとりあえず一つくらいかっておいてプリが倒れたときに一時しのぎようとして使うという使い方になるんじゃないでしょうか。

料理にしてもそうなのですが、作る楽しみと使う楽しみは違います。また、料理がなくなると生活が困るというほど料理に依存した露天も見かけません、というか、ある一定レベル以上の料理を作りにはそれなりのステータスと経済力がいる以上これが売れないから廃業という人は考えにくいかと。

また、値段設定も実に巧妙で、値段も高すぎて買いにくく、そのためプレイに影響しないという、さすが癌法としかいいようのない値段設定だと思います。ユーザーの反応みて実装直前で高めのアイテム値下げとかやりかねないケド

成功率上昇のエルオリにしてもやっぱり高すぎですね。しかもどれほどの効果か全くわからない。この世界、1%上昇なら大幅上昇ですから体感できないかもしれません商売的には体感できないと売れないと思いますが、数字を出せないことについては癌法に同情する部分もあります。というのも、数字はあくまで確率なので絶対そうなるわけでなく、にもかかわらず例えば10%上昇を売りにして出した場合、10%上昇として100個買って9回しか成功しなかったという苦情がくるのは目に見えているからです。ついでに「癌法だから数字は嘘だろと」叩かれるのも目に見えてます。

まぁ、全体に使いたい人は使えばいい、みたいな追加なので「これで引退だ」とか言ってる人は切っ掛けが欲しいだけなので放っておけばいいでしょ(ぉ

で、もう一つこの手の話がくると必ず引き合いに出されるRMTの話。今回の販売については他社との取引不可にしているようなのであまり関係ないのですが、せっかくなので書いておきましょう。私自身のスタンスはもちろん「RMT反対」です。ただし、いわゆる公式RMTなどと揶揄されているパックアイテムは積極的に買います。

というのもまず何故RMTが禁止されているかを考えると
・不正の温床になる
 ゲーム内のアイテムが現実的に価値を持つことにより、それを手に入れるための労力・生産性の効率化→BOTによるオートメーション化でZeny、アイテムを量産
・企業に金が入らない
 企業にはサーバ維持等のリソース提供代に対しての対価が支払われない。平均3ヶ月で入手可能なアイテムが平均値を1ヶ月まで縮められるということは予定の2ヶ月分を別の箇所から徴収する必要がある。
主にこの2点です。ゲーム内貨幣価値を現実に持ち込むことにより、現実の経済活動に支障が出る、加えてゲーム内の正常な活動にも支障が出る。結果ゲームに対しての不信感が出るためゲームの寿命を縮めるとなります。

さて、パッケージものですが、確かにゲーム内のものを現実で販売すると言うことについてはRMTにあたりますが、ここで一つ問題になるのは、(現時点では)パッケージアイテムはゲーム内で出てきません。つまり、前述のBOTによるオートメーション化では対処できない問題になります。もちろんデータの不正な書き換え(いわゆるチート)ではこれは防げないのですがこれについては通常の新規アイテムも同様です。

また、それを手に入れるためにZeny取得を目当てにBOTを動かすケースについては、その追加アイテムが他のどのアイテムより高額で取引される必要があります。つまり、パッケージアイテムが5Mで取引されている場合、5Mという金額を貯めるより、8Mのアイテムをねらった方が遙かに効率的なのです。また、一時品よりはコンスタントに売れる800kのアイテムの大量取得を行う方が遙かに効率的なのです。そして、仮に99M(露天限界を超える場合)であるなら、BOT動かすより普通に買った方が早いです、というよりたかが1万そこらの品物がそんな高額になるとも思えません。そして、この件についてはやはり通常の新規アイテムも同様です。

上記の理由により、公式パッケージをRMTと非難するのはRMTという言葉狩りをしているだけであり、RMTの何がいけないのか、どういけないかを考えていない結論に感じます。

そんなわけで、私のことを公式RTMerと呼ぶのは勘弁してください(笑)>一部の人

今日の1曲:Higher / CREED
相模原の某所でHumanClayが580円だったので購入。どういう基準か知らないが安すぎると思うぞw
あとこの店メタモのシングルとかおいてあったよ・・・>極小民族向け(ぉ

« 王者と熊の物語 | トップページ | 声を無視した音楽だった »

「ラグナロクオンライン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100961/12998436

この記事へのトラックバック一覧です: 物事の基準:

« 王者と熊の物語 | トップページ | 声を無視した音楽だった »

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

Twitterさん@TL

  • Twitter営業日記

ゴッドハンド

  • 作業工具専門店のゴッドハンド

Link Share

  • フルイチオンライン
    フルイチオンライン
  • フルイチオンライン<検索>
  • AnimateOnline
    アニメイトオンラインショップ
  • Link Share
    アフィリエイトならリンクシェア
  • プレミアムバンダイ
    ガンダム30周年記念キャンペーン
  • HMV/エルパカ
    HMVジャパン
  • BOOK-OFF Online
    ブックオフオンライン
無料ブログはココログ