« 2 Hearts of 1 pair | トップページ | 狼少年と呼ばさないで »

逃亡者 -Fugitive-

JRの運営がどうなっているか、どのような連結をしているのかなんて興味もないし、正直どうでもいいことだ。だが、少なくとも、今、俺はそのJR同士の連結により苦しめられているのは確かだ。

3泊4日の出張帰り、中型のカート付きキャリーバッグ、西友で5000円ぐらいの安物、当然軽量なんてされていない。そして大型のトードバック、中身は2kgのノートPCを筆頭にPSPなど、遊び心にあふれすぎて重い。そして前々日突然振ってきたため購入したかさとサンドイッチとハンバーガの空き袋。加えて前日はほぼ徹夜で3時間程度の仮眠しかとってない。

心も体もいっぱいいっぱいのこの状況で俺は金沢発、特急しらさぎからここ米原駅で新幹線に乗り換えなければならない。

荷物が多少多いとはいえ、ここの待ち合わせ時間は10分ある、ちゃんと指定席も取ってある。あわてる必要はない。本来なら。

そう、どこかの線路で車が立ち往生して5分遅れると言うトラブルさえなければまったくあわてる必要はない。

JRにしてもあわてているようで、乗り継ぎの改札で切符を通す必要はないから急げといいやがる。そんな処置より発車を5分伸ばしてくれ。そしてホーム直前の下り階段前、乗車車両を確認する。13号車、当然禁煙車両だ。

そのとき、まだ多少の余裕が在ると思っていた俺の耳にアナウンスが飛び込んできた。
「新幹線ご乗車のお客様はお急ぎください、まもなく発車いたします」
チッ、まだホームにもたどり着いてねぇよ。肩から落ちそうになってるトートバックとかさ、それに階段では重荷でしかないカートを必死につかんで階段を駆け下りる。ホームにたどり着いたところでカートの取っ手を引き出し引き、とりあえずこのサンドイッチのごみ袋を捨てようとゴミ箱に向かおうとしたそのとき車掌が
「まもなく発車いたします、まだご乗車でないお客様は・・・」

「すんなよ!」0.5秒で突っ込んだ、だが余裕が在るわけじゃない。

確かに原因はJRのせいではない。立ち往生した馬鹿が悪い。だが、朝のくそ忙しい時間でも特急列車の待ち合わせで平気な顔して待たせてるのはおめぇらだろ。特急同士、しかも大半が指定席のこの状況で待ち時間無しかよ。こいつら相手にモラルを守るのが馬鹿らしくなってくる。この状況でも俺はごみをゴミ箱に捨てようとしてるんだぞ。

トートバックと反対の手に持ってるゴミ袋が腕にまとわり付いてうっとおしい。あぁ、もういい。こいつら相手にモラルを守っても意味はない。ゴミ袋を一気に振り落とし近くまで来た12号車に飛び乗る。

飛び乗るや否や背後で自動ドアが閉まる。13号車を直接狙ったら間に合わなかったかもしれない。一息ついて13号車へと移動する。

そして、13号車へたどり着き席を確認するためチケットをとり、だせない。いつもなら胸のポケットに入れて在るはずのチケットがない。しかも指定券だけでなく金沢ー新横浜の乗車券もない。トードバック全面のポケットにもないズボンのポケットにもない・・・・。しかし、途中のホームで確認しているので少なくともしらさぎを降りた時点では持っていたはず・・・良く考えろ、きっとどこかに在るはず・・・・・・・・・・

・・・・・・・

・・・・・

・・・

そうか・・・車両を確認したとき、左手に持ち替えて、ゴミ袋と一緒にもってそのまま捨てたのか。

原因は判った。一番の問題は席が判らないことより新横浜で出る方法がないと言うことだ。自由席と言い張ってもかなりの代金がとられそうになる。次にこの車両のどこかには少なくとも俺の席がひとつ在ると言うことだ。ここはスニーキングミッションでとりあえず座席を確保しよう。

座席配布のアルゴリズムはおそらく、まず一人ひとり単独で窓際から席を振って行きそれで足りなくなると通路側への相席となるだろう(最後に3人がけの真ん中)。木曜日18時である現状の込み具合から判断してあいている二人がけの席の窓際は俺の席である可能性が高い。

ざっと眺めたところ該当するのは真ん中当たりに一つ。とりあえずここに座っておこう。名古屋あたりで誰か着たらレシートで確認するふりをして間違えたと行って出て行けばいい。あとの問題はどう新横浜で降りるかだ・・・・だめだ、疲れているせいか、「ソリッドスネーク」と言う単語しか思い浮かばない。いったい何なんだ、これは?

次の駅、岐阜羽島だが、ここでは少なくともこの席へ乗ってくるやつはいなかった。あと懸念していた車掌の回覧もなかった。大げさに言えば神は俺がここにいることを望んでるに違いない。

そして次の名古屋へと向かう。ここが正念場だ。名古屋で誰も来なければ次の豊橋は無視してもいい、名古屋で19年生活した俺の感がそう告げている。だが、そう考えた次の瞬間に奴はやってきた、車掌だ。

奴はまずおもむろに進行方向先頭へと歩いてゆき、先頭で回れ右をして一礼してから改札をはじめ・・・ない?やつめそのまま出て行くじゃないか。これはまたとないチャンスだ。即座に俺は通路に出て身をかがめてやつの背後をとるようにダッシュする。そして・・・

「すいません、途中で切符をなくしてしまったのですが・・・」

正直に告白してみる。

「あ。新横浜行きの切符ですよね?」
関西弁の若いイケメンの車掌がそう答える。俺は本心から驚いた。

「そうです、それです」
「米原駅のほうから連絡が在りましたんで。確認は取れてます。乗車券も一緒に落とされましたよね?」
「えぇ」
「一応、確認させていただきますが乗車されたのはどちらですか?」
「金沢です}
「はい、ありがとうございます。代わりの券を用意いたしますのでしばらく1のA席でお待ちください」

荷物を回収し、指定された席で待つことに。なるほど、確かに東海道線の降車駅よりそれ以外の乗車駅で確認するほうが間違いはないな。素直に感心しつつ、米原駅で切符が発見されていたことに感謝する。

ん・・・ちょっとまて、それはあれか。ホームに投げ落とされたゴミ袋を駅員が回収したときに見つかったと言うことか。モラルを守らなくって失敗してそれが結果的に助けたと言うのはいったい何が悪いんだ。まぁ、そもそもちゃんと盛っておけばこんなことにはならずにすんだのだが。

数分後、名古屋を出たころ、先の車掌が変わりの切符をくれた。
Orz なるほど、これを見せて通れば良いと言うわけだ。

これで新横浜スニーキングミッションはなくなったと言うわけだ。

今日の1曲:One Way Ticket To the Hell.......and Back! / THE DARKNESS
なお、今日の本文はあくまでフィクションです(笑)実在の人物とは関係が無いったら無いってぇのorz

« 2 Hearts of 1 pair | トップページ | 狼少年と呼ばさないで »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

>櫻さん

あくまで、フィクションなんだが、乗るより降りる方が問題だったかな?乗るのは乗り継ぎだし、改札もなかったし。
なによりノルマで切符を無くしていたことに気がついてないから罪悪感はない(ワラ

まぁ乗れてよかったとしか・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100961/15964048

この記事へのトラックバック一覧です: 逃亡者 -Fugitive-:

« 2 Hearts of 1 pair | トップページ | 狼少年と呼ばさないで »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Twitterさん@TL

  • Twitter営業日記

ゴッドハンド

  • 作業工具専門店のゴッドハンド

Link Share

  • Link Share
    アフィリエイトならリンクシェア
  • プレミアムバンダイ
    ガンダム30周年記念キャンペーン
  • HMV/エルパカ
    HMVジャパン
  • BOOK-OFF Online
    ブックオフオンライン
無料ブログはココログ