« Mode To Genesies | トップページ | 帰ってきた9月 »

シバ竜を食べよう

金曜日に福岡出張で待ち合わせの際、スポーツ紙を読んでいた所見覚えの在る文字列が。

世界中で人気のカードゲーム「マジック・ザ・ギャザリング」をテーマに西麻布にバーがオープン。

川村ゆきえさんによる「聡明の天使 レイア」のコスプレ写真とともに掲載。写真自体は( ・∀・)イイ!!のだけど何のコスプレかは本文読むまで判りませんでしたが何か。いちなみに今でも判りません(ぉぃ

行きたい気も在りましたが私は酒はまったく飲まないのでバーでは行っても仕方在りません。

~終了~

となる予定でしたが、mixiを見ていたら某首領も気になっていた模様でツアー参加者募集。そんなわけで月曜日におそらくカードゲーム史上初と思われるMTGバーなる物に行って来ました。

しかし、カードゲームとバー、こう、カウンターで
「君に「極楽鳥」(TE・R)のような夜を捧げるよ(  ̄ー ̄)」
「まぁ、うれしいヽ(´ー`)ノ」
「俺のサーチ能力今こそ・・・て、店員が選ぶのか!Σr(‘Д‘n)」
「なに引いたのかしら?」
「な・・・「ついえし希望」(TE・R)だと!」
「あら、残念だったわね、それじゃね~ノシ」
orz

とか、こんな良く判らない状況と会話しか思いつきません。冗談は抜きにしてもいきなりバーというある種敷居の高い所でイベントをやっても新規ユーザが捕まるとも思えないのですが・・・

そんなわけで18時の開店に間に合うように16時ごろに出発したのですが乗った電車の網棚から首領が新聞を発見。

「あ、これじゃん」
「あーこれですね、俺金曜日に同じ新聞福岡で見ましたよ」
「今日、月曜日だよな・・・・」「えぇ・・・」

何で3日前の新聞がここにあるんだよ!*゚Д゚)*゚д゚)エエエエェェェ」

この後も入った車両の車内吊が川村ゆきえさんだったり妙な因縁を感じつつMTGバーへ向かう。

時間に余裕を見ていたおかげで開店より30分前ほどに店に到着。店の前にカマールの看板がおいてあって判りやすいです。しかしもっとこてこてしたモノ化と思ったら意外とさっぱりしてたので知ってて行けば一発で判るけど知らないとほとんど気が付かない気もします

30分ほど時間をつぶし店にはいる。当然のごとく1番乗り。入り口付近に川村嬢のサイン入りレイアのカードと生写真。それにレイアのPOPとブースタやスタータが飾って在りますがこれもオーストラリアリゾートを意識したという店の内容を邪魔しない感じで、店の中を見渡すと通常のポスターのようにMTGのカードイラストの原画が飾られていますが、こちらも店の雰囲気と合う物を選んだのか割りに土地や羽物、炎と行ったあたりを選出していた模様。一般の絵画バーとほぼ同じと言うところで、割に芸術性の高いイラスト選出でおそらく一般の人が見てもおかしく感じるところはないでしょう。

BGMにしても特にMTGとかファンタジーとかを意識することなく普通のロックやレゲエなどごくごく一般のものでした。

メニューに付いては公式を参照してもらうとしてとりあえず、アルコール不可の私はノンアルコールの「魂の管理人/Soul Warden」(TE・U)をチョイス。長いこと使用しているカードのひとつなので期待。首領は「氷の干渉器/Icy Manipulator」(TE・U)をオーダ。いきり「幻覚/Mind Bend」(TE・R)はまずいという判断らしい(笑)

もちろん同時にシールドセットもオーダ。さすがにMTGとの提携をしただけ合って、10版のブースタと構築済み、それにドラフトセットとシールドセットの2セットが用意されており、店に飛び込んでもゲームが可能。もちろんセットの内容は時のらせんブロック。セット内容はこんな感じ
Shildpack01 時のらせんスタータ+次元の混乱ブースタ+未来予知ブースタにデッキケースとカマール柄のライフカウンタ。これで合計2000円なので一般の店で買うより安いです。
というか、このメリッサ柄のデッキケース、デッキをサイドボードと合わせてひとつ入れるのに非常に良い大きさで、かなりしっくり来る良いケースです。

魂の管理人ドリンクはやや酸味の聞いたフルーツドリンクで暑い中さっぱりとして美味しかったです。氷の干渉器は見た目はメロンジュースみたいな感じ(笑)そしてドリンクを片手にシールドの構築を始めるわれわれ。さすがにMTGがテーマだけに落着いてできます。これまで一般のファミレスとかで人目を避けるようにパックをあけたりしていたのはなんだったんだろうと思われる快適さ(笑)

首領はデッキを持ってこなかったのでシールドセットを組み替えて、私はここぞと言わんばかりに構築したデッキを繰り出しヂュエル。途中メニューで気になっていたシブ山のドラゴン/Shivan Dragon(TE・R)と惑乱の死霊/Hypnotic Spector(TE・R)をオーダ。

まず、来る途中からシバドラは鶏肉らしいと話題に上がっていたシバドラ。
Sivadra01 チリ系のソースでチキンのぶつ切りを焼いたものに赤い葉っぱなどで火を噴く竜をイメージしたと思われます。正直流には見えない感じですが雰囲気はよいです^^;
味のほうは首領は結構辛いといってましたが添えのマヨネーズをつけて食べてたせいか辛味は在りますが激辛と言うことは在りませんでした。この時期には確かに良い一品。美味ですた(`・ω・´)シャキーン

そして、もうひとつ、他より少し高い死霊。ヒムやリチュアル付きか?
Spector01 イカ墨パスタです!なるほど、黒だ(笑)真ん中の貝が10版のイラストをモチーフにしていると思われます。シバドラより良い雰囲気です。
で、味ですが・・・・マジで美味い( ;∀;) カンドーシタ
ほんとに美味くて、イカ墨って変に塩っけが在ったりするのが在るんですがそういうのもなく適度な辛味とイカ墨が満遍なく絡み付いてるちょっと固ゆでのパスタ。加えて薄切りのイカがまた別の感触を生み出すという首領も絶品のメニューです。マジで美味いです^^

そんなこんなで、気が付けばなんと22時Σr(‘Д‘n)
行くときはこんなに長居するとは正直思ってませんでした
帰り際周りを見渡すと、MTG展示と反対側のテラスに一般のお客さんが。今まで記憶にある限りで、ヲタと一般が一緒にいてこれほど違和感のない空間ってほとんどなかったような気がします。

このイベント、端から見るとどうしようもなく違和感が在るのですが実際には、新規獲得をメインにせず、(私らのような)復帰組みをターゲットとし、18歳未満禁止と言う空間にすること大人の遊びであることを強調するには非常に良いイベントだったと思います。MTGをダーツやポーカのようなものにすると言う考え方は在りかと深く納得、というか、その実例を見せられて満足した以上納得せざるを得ないです

それになにより、久しぶりにマジックって楽しいなぁと思い出させてくれたのは大きいです。

そんなわけでこのイベントうちらみたいな条件の人はぜひ連れ立っていって欲しいと思うわけです。自分が何でそのときそれを楽しんでたのか、それが思い出せます。

後は定期的にこのイベントやってくれないかなぁ、なるべく近所で(笑)

今日の1曲:Killing the Dragon / DIO
Sivadra02 ♪Time To Be Killing the Dragon

┳┳ …..(((((ヾ( o・д)っ ゴチソウサマ♪

« Mode To Genesies | トップページ | 帰ってきた9月 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

>ばんどおさん

マジでやって欲しいですな。
もしくはお子様のいない環境で落着いて楽しめるマジックを(笑)

>び

まぁ、一般的にはそれで正解かとw
奥さんではなく子供に話しておきます(ぇ

ちなみにバー自体はOZcafeと言う普通のバーで1ヶ月間の限定で今回のイベント開催してます。
普段はオーストラリアをイメージしたダーツやビリヤードの在るシックなバーのはず。

かといって今回のイベントにあわせて店の物をしまったわけではないので(ポスター等は張り替えてますが)この辺が一般にも見せられるマジックの世界と言う感じ。

バーならお得意だが、女っ気がないと行かない人なのでw
嫁さんには内緒ですよ?
しかしこれイベントのみのバーなのか。俺ものぞいて見たい気はする

楽しかった。

またやってホシイ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100961/16118269

この記事へのトラックバック一覧です: シバ竜を食べよう:

« Mode To Genesies | トップページ | 帰ってきた9月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Twitterさん@TL

  • Twitter営業日記

ゴッドハンド

  • 作業工具専門店のゴッドハンド

Link Share

  • Link Share
    アフィリエイトならリンクシェア
  • プレミアムバンダイ
    ガンダム30周年記念キャンペーン
  • HMV/エルパカ
    HMVジャパン
  • BOOK-OFF Online
    ブックオフオンライン
無料ブログはココログ