アフィリエイト

« 偏向と偏光のコラボ | トップページ | 【その2】V大作戦【静岡攻略戦】 »

【その1】V大作戦【アカ帝国大地に立つ!】

8/7-8にかけてV作戦を決行してきました。
そう、

テコンV鑑賞(@渋谷)→1/1ガンダム(@静岡)

のV作戦コラボです。

8/7のレイトショーでテコンVを見ることに。この映画知る人ぞ知る、日本ロボットアニメのパクリとしか言いようが無く、いろんな意味で日本上映は無いと信じられていたアニメです。しかし、今回30年前のフィルムが見つかったとかでつい勢いでやってしまったらしく、ネタ大好きな人が見に行こうとそういう話になりました。メンバーはいつものグールズ首領、熊さん、シラスさん、私の4人。まさにチーム古強者 (`・ω・´)ヨミハ「ダイベテラン」ダヨ

20:00集合だったのですが事前に渋谷に来ていた私がとりあえずチケットの購入を済ませておく。ここのシステムでチケット購入時に半券の後ろに番号が記入されそれが入場整理券になる。19:00ごろに4人分のチケットを購入するが整理券の番号は・・・

21~24Σ(゚д゚lll)ガーン

ちょwwww予想を上回る盛況ぶりwww
そもそもミニシアター系なのでキャパが70人くらいのはずなのでこの時点で半数くらいは埋まっているという・・・

もしかして、私たち以外はみんな韓国の方で、みんなが感動してるとき我々だけ笑ってるとか、ここ日本なのに超アウェー状態になるのではないかとこの時点で((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

そして集合ののち開場まで近くのジョナサンで時間をつぶし、開場時間も迫ってきたので開場へ。

元々狭いシアターNのロビーとは言え、ほぼ満杯の人だかりがΣ(゚□゚(゚□゚*)

とりあえず、周りはハングルではなく日本語、または2ch用語なので我々ホームで一安心。
この手の映画はパンフレットとか無いんだろうなーと思ってたらなんとパンフあり。1部500円という同人誌並みの価格なので購入。

入場は整理番号順だが我々大体真ん中くらい。総計で50人ほどの入場ではないかと。客席も満席ではないが程よく埋まってる。

待ち時間のあいだのアナウンス「こちらはテコンVの上映になります。ザ・ホードは隣になりますので間違えないようにご注意ください」
・・・ホラーと70年代アニメ間違えてたらそれはそれで凄いことになるよね・・・客層は被ってるかも知れないけどwwww

そして、開演まで、80分程度の70年代アニメにストーリを期待してもしょうがないのでパンフガン見(笑)

うん、本編に劣らず突っ込みどころが・・・なんで足に光子力融合炉があって腰に水素エナジー再生機、腕の棘はエナジー吸収ピン、そしてあごの部分には「マジックキュー」なる謎のパーツ(笑)

うん、本編が始まる前にこれだけwktkした映画は限りなく久しぶりだwwww

一応、内容に触れないで簡単に感想を書いておくと

我々は韓国ロボットアニメをなめていたっ・・・・wwwwww
キャッチコピーの「破壊のスペクタクル」、嘘は無くすさまじい破壊があった・・・そう、

俺の腹に _| ̄|○ノシノシ バシバシ

というわけで続きはネタバレ含むので任意でどうぞwwww

まずはオープニングなのですが、オリジナルフィルムから紛失されており宣伝でも見えるようにノスタルジック風の映像からスタート。心なしか超合金魂のマジンガーZのCMに似ていないでもない(笑)

そして本編、空手バカ一代のマス大山のごとく何処かの山奥で修行する主人公フン。何か岩をチョップで割って修行が完成らしい。そしてそのフンを迎えに来る父親のキム博士に恋人のヨンヒ。

キム博士に仲の良さを揶揄され、
フン「僕らは”針と糸”さ」
キム「”針と糸”?いつも一緒ってことかい」
ヨンヒ「まぁ、エッチ

Σ(゚д゚lll)ガーン

ヒロインのまともな初セリフが全く意味不明。針の穴に糸を突っ込みまくってるとそういうことですか!

そして始まるテコンドー選手権。フンの相手は池田選手。名前から言って日本人と思うがあっけなく負ける。何かあるかと思ったら特に何も無く、実は次の試合が決勝戦。金髪で片目の隠れているジョー選手、たぶんメリケン人。お互い目がキラーンと光りながら技を掛け合うが飽きてきた頃にフンのとび蹴りでジョー後頭部から倒れて一回転して敗北
池田選手ほんとになんで出てきたのか不明。この後も完全に無視であるwwww
なお、池田ってこの当時の日本の首相では無いかと思われwwww

フンが自宅で優秀祝いをおこなっている頃、フンに敗れたジョー選手は入院していた。敗北を悔しがるジョーとそれを慰めるマネージャ。そこへ病院のスタッフがあらわれ手術としょうしてジョーを連れて行こうとする。ジョーのベッドが部屋を出たところで追っかけるマネージャの後頭部を殴りつける男があらわれジョーはそのまま浚われる。

怪しい車でデートしているフンとヨンヒ。カーラジオをつけるとジョーが行方不明とのニュースが。病院駆けつけると会見が行われており

病院「ジョー選手は行方不明。マネージャは半殺しであります

( ゚Д゚)ハァ?
半殺しっておま
wwwww場内爆笑wwww
今にして思えばすべてはこのセリフが始まりだったwwww

というか、ここからこの映画に関しては上映中に突っ込みをいれても許されるというフリーダムな雰囲気が完成wwww

この後フンたちが見に行ったプロレスの試合でやっぱり負けた選手がドームをぶっ壊して現れたロボットに浚われるとか、飛んでる飛行機を海中から現れたロボットがつかんでまたもぐるとか、色々とわからないが格闘技で負けた選手を集め始める。

そしてこの事件の裏に数年前に消えた友人のカープ博士がいるのではと疑い始めるキム博士。そんな博士とフンの前にメリーと名乗る娘が現れ、彼女はカープ博士の娘と名乗る。
そこでカープ博士に何が起こったかを話し始めるキム博士・・・

ロボット学会の発表において背が低いため発表台から顔が出ないカープ博士。そんなカープに踏み台を用意してやるキム博士。そのことを笑われ恥ずかしさと怒りに震えるカープ。
キム「落ち着くんだ、ちゃんと話して見返せば良い」
カープ「これから発表する内容で諸君らをけちょんけちょんにしてやる!」
キム「それでは世界的に顔の大きいことで有名なカープ博士の発表を行います」

キム博士、あんた止めさしてるよwwwww

そしてこの後代から転げ落ちて汚して入院するカープ。その後失踪。

うん、どう考えてもキム博士、あんたが原因だwwwwww

そしてメリーに不審なものを感じて追い返そうとするキム博士。感は良いのだが人として何か問題が無いか、この人・・・・

そしてテコンVの設計図を奪うため立ち入り禁止部屋にはいろうとしてダイヤルを回して警報機を鳴らした挙句電流で片腕が取れて捕まるメリー。
そして全身スキャンの結果サイボーグと判明するが・・・ポニーテールの中が丸型多関節なのはいったい・・・髪の毛しならないでかくかく動くとしたら、確かにキム博士の見通しは正しいwwww

そして、自分がロボットであること嘆くメリーを慰めるフン。そこに現れるヨンヒ。フンがメリーを口説いてると勘違いしたのかメリーに冷たく当たる。

ヨンヒ「あんた機械人形なんだって!?」
メリー「(プチン)・・・そうよ、私は機械よ!」

切れてヨンヒに襲い掛かるメリー。持っていた剣をヨンヒに突く・・・

しかしそれを馬とびの要領で頭上を越えるヨンヒΣ(゚д゚lll)ガーン
その後も剣から出るレーザを三角とびなど駆使して不必要にオーバーアクションでよけるヨンヒ

後に彼女の異常な強さは家系による物と発覚wwww

そして、よけられた勢いで窓ガラスをぶち破り泣きながら脱出するメリー

メリー「早く人間になりたーい!」`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!

おまwwwwwそれ、ロボットのセリフ違うからwwwww

そして、この後ヨンヒは一切反省するそぶりを見せない。

数日後、アカ帝国の宣戦布告があり、飛んできたこうもり型ロボットがアカ帝国の象徴赤い星に変化する。ヤバイだろ、それwwww

その日の晩、メリーさん再登場。北朝鮮誘拐団ロボット兵引き連れてテコンVの設計図を強奪に。前回ひっかかた所は剣から出るビームで溶かす。前もやれよwww
居合わせてたキム博士をロボット兵がいきなり殺そうとしメリーが止めるも時既に遅く博士は倒れる。そして間髪いれず一瞬で設計図を持ってくるロボット兵。

ライトバンで逃走するメリーたちと入れ替わるように研究室に到着するフン。
キム博士「メリー・・・テコンV・・・あのボタンを押すんだ・・・そしてテコンVに乗るんだ・・・」ガクッ

指示されたボタンを押したのかどうかの描写は全く無いがとにかくテコンVの元へとたどり着くフン。「おとうさん、俺はテコンVに乗ってアカ帝国と戦うよ・・・」
泣きながら決意するフンとテコンVの顔が交互に写る。

     / ̄ ̄ ̄ \    
    /  ::\:::/:::: \  
  /  <●>::::::<●>  \  
   |    ;(__人__);    |  
   \   ; ` ⌒´ ;  /  
  / ̄ ̄ フン ̄ ̄ \

     / ̄ ̄ ̄ ̄\
   /  テコンV    \
  /   (◇) (◇)    \  
  |   (ロロロロロロ)    |
  \  \ロ○ロロ/    /

     / ̄ ̄ ̄ \    
    /  ::\:::/:::: \  
  /  <●>::::::<●>  \  
   |    ;(__人__);    |  
   \   ; ` ⌒´ ;  /  
  / ̄ ̄ フン ̄ ̄ \

     / ̄ ̄ ̄ ̄\
   /  テコンV    \
  /   (◇) (◇)    \  
  |   (ロロロロロロ)    |
  \  \ロ○ロロ/    /

   

ピ カ ピ カ

ちょwwwwwwそのピカピカって字幕何wwwww

そして翌日、キム博士を埋葬し、ヨンヒとその父ユン博士がフンを慰める。
ユン「何時までも嘆いていてはいけない。君が出来ることはお父さんを殺した連中をぶち殺すんだ!

ぶち殺すって、またありえない表現をとおもったが、なんかよく考えると「ぶち」とつけたほうがマイルドになるという何か間違った感覚を後に見出すことに成功w

そしてテコンVの操作訓練。止める方向がわからず子供をひき殺しそうになる(ぉぃ

そして待ちでロボット軍団が暴れていると聞き出撃するテコンV。そこにはメリー型ロボットと普通のロボットが。

フン「メリー・・・お前が父さんを殺したのか!」
メリー「えっ・・・・私は・・・」
フン「俺は許さない。ぶち殺す!
またぶち殺すかよ、ホント容赦が無いwwwww

メリー型ロボットの髪の毛に足をとられるものの足を切り離して脱出・・・って足に動力があるんじゃないのか?しかも外して戻ってくる鋼鉄ジーグ仕様。
そんなこんなで普通ロボとメリー型ロボットを撃退。乗っていたメリーは機体が爆発すると同時に現れた謎の回収マシンで回収される。

お供のヤカン少年がなぜか適ロボットと勘違いされている間に基地が襲われユン博士が連行される映像がテコンVのコクピットに送られる。

・・・誰がこの動画テコンVに送ってんの?

フン「しまった!速攻戻るぞ!
時代と関係なく違和感ありまくる字幕wwwww

速攻戻るものの既に基地はあらされ、博士は浚われた後。しかし研究室は壊したんだがそれぐらいなら基地もちゃんと壊せよ・・・・

そして博士の行方がわからなく困り果てている主人公たちの裏で、アカ帝国マルコム将軍の下で砂漠に作られたピラミッドの中で浚ったユン博士の洗脳が行われていた。だがメリーの裏切りにより救出。この際帝国の幹部の一人と戦いコレを撃破するもみずらも負傷する。
メリー「私はフンやヨンヒを見てうらやましかった。人間になりたかっただけなのよ・・・」
と言い自分の剣と基地の地図を博士に渡し脱出するように言う。

この辺は色々ムリはあるもののそれほど悪くないかも。メリーのところもう少しきっちりやればそれなりに仕上がったのではと思わないでもないです。ただ、フンはともかく、ヨンヒはかなり性格的に問題がありそうなので、アレを見てうらやましかったといわれてもなぁ・・・

そしてユン博士、こっから怒涛の攻めを見せる。途中まで剣を使いながらあたかもシューティングゲームのごとく敵を撃破。剣を失ってからはその優れたテコンドーの体術で同時に2,3人のロボット兵を血祭りにあげながら突き進む。

ユン博士、あんた救援不要だろ、っていうか中の人はセガールだろ

そして主人公たちはこのアジトを発見し連合軍と協力して攻撃する。連合軍のメクラミサイルが意外と効いているようで基地内はかなり揺れている。ピラミッドが地中に埋まり身を隠す中ユン博士やっぱり自力で脱出

そしてその後、敗者の負けた恨みの力を利用して戦闘力に変える強力な3対のロボット、テコンX(ジョー選手)、剣道ロボ、プロレスロボがなぞの鉄パイプの中から現れる。

早速ミサイルで攻撃しようとすると止めるユン博士。

博士「ミサイルなどやつらには効きません!勝ち目があるのはテコンVだけです!」
司令「そうか、わかった!ミサイルなんて効かないな!」

一瞬で納得するなよwwwww有る意味最強の韓国軍部だけのことはあるwww

そして三対のロボットと戦いコレに勝つテコンV。プロレスロボが何気にSTFの体勢で足を決めて背後から殴ってるとか面白かったけどwwww

崩れ行く基地から脱出するマルコム将軍と女幹部風の1名。メリーは同乗を拒否し将軍に「新しい娘ロボットを作って・・・」と言い、残っている人々の開放に向かう。

竜型ロボでやっぱり謎のパイプから脱出するマルコム将軍。
ソフィ「何処か当てはあるのでございますか!」
将軍「1キロ先に活火山がある!」

活火山でナニヲする気だ。しかも、1キロ先って近過ぎるだろwwwwww

基地は人質を逃した後メリーが最後の力で自爆させる・・・証拠隠滅?(ぉぃ
そして将軍はどう言うわけか、その活火山の中から登場Σ(゚д゚;)ェー
そして竜メカ対テコンVの戦いが始まる。

竜メカは口から火を吐きその火を華麗な反復横跳びっぽい動きで交わすテコンV。そのうちナーガ的に絡み付いてテコンVの動きを封じ込める。テコンV大ピンチそこへユン博士からの通信が入る。

ユン「フン!気合を入れるんだ!トォウリャァー!

なんだよトォウリャー!って!
その気合だけの応援メッセージは
wwww

あまり気合を入れたようにも感じない表情のままフルパワーで竜メカを溶かし勝利するテコンV

なんと言うか、方法とか云々ではなく、予想の斜め37度くらいを行く解決方法。少なくともあんな方法で脱出したヒーローは買ってみたことが無いのは事実だwwwww

そして壊れた竜メカの中から出てくるマルコム将軍を発見するフン。
テコンVを降りて肉弾戦に移行する。だからお前らみんなセガールだろwwww
フン「まて、逃がさないぞ!貴様が迷惑をかけたすべての人に謝罪し、この場で死ね!
ねぇ、正義の味方?正義の味方なの?・ ∪´∀`)モキュ

そしてフンの攻撃でマルコム将軍の中からコアファイターのように出現するカープ博士。

カープ「どんなロボットも韓国のテコンドーに勝てないことはわかった!

劇場の反応↓
Σ(゚□゚(゚□゚(゚□゚(゚□゚(゚□゚(゚□゚(゚□゚(゚□゚*)・・・(゚□゚*)
いや、反省ポイント違うだろうwwww

フン「いいや許さん!」
カープ博士をじりじりとがけへ追い詰めるフン

カープ「頼む、許してくれ!この通りだ・・・」
フン「ダメだ!」

ジリジリ・・・

カープ「た、たのむ・・・アッー!
フン「は、博士!」

がけから真っ逆さまに落ちるカープ博士。特に救助にも行かないフン。

いろんな意味で実にスッキリしたエンディング

エンドクレジットで流れるテーマ曲の歌詞の仲の「ぶち壊せ~」に妙に反応する観客。そして、ただ単にクレジットされた日本語翻訳社名のところでなぜか爆笑。

うん、こども商事さんがどれだけ悪意の有る訳(もちろん褒め言葉)をしたかが知りたいwwwww

そんなわけで大爆笑必須のすごい映画です。見れる人は見ておくことお勧め。かなり本気でDVDとか欲しくなったりならなかったり。多分、中国のレッドレイでなら出てくれることでは無いかと期待できますが・・・wwww

今日の1曲:ロボットテコンV主題歌 / チェ・チャングンオン

« 偏向と偏光のコラボ | トップページ | 【その2】V大作戦【静岡攻略戦】 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

おぉ、見てこられましたか。

「ピカピカ」は見ないと意味わかんないですよね(笑)
普通あそこで字幕入れませんって^^;;

しかし脚本そのものは吹き替え版のほうがちゃんと通っているのでむしろあの字幕のほうが問題になるような気がしますww

キム博士も吹き替え版ならそれなりの人格者になりますしね。ヤカンVもなんとなく納得できますww

ジャパニムウム鉱石は・・・字幕にすると露骨過ぎたからやめたのかなぁ・・・いや、もう、そういうレベルではないような気もしますが^^;;

やっぱり完全オリジナル版と吹き替え版と字幕版の3枚組みDVDとか出ないかなぁ^^;;;

字幕版を見てきました。

ピカピカって、吹き替え版では単に目が光るだけですから、何の事かさっぱりわかりませんでしたが、ようやく納得しました。確かにヘンですね(笑)。

先日のコメントでは書きませんでしたが、吹き替え版ではキム博士は序盤で訪ねてきたメリーに泊っていく様に勧めている上に、フンに対してメリーを追い出すという台詞を言っていないんです。

他には字幕版では「ヤカンくん」となっているのが、吹き替え版では「ヤカンV」となっていたりとか。

あと、字幕版ではジャパニウム鉱石はありませんでしたね。
どういうわけで吹き替え版にジャパニウム鉱石なんて入ったのかはわかりませんが。

おそらく字幕の作成は韓国人が行い、吹き替え版の脚本は日本人が書いたんでしょうけど、意訳のみならず、微妙な内容にまで手を加えて、後で問題にならないんでしょうかねぇ。

>q-gaidenさん

なぜかスパムフィルタリングに引っかかっていたようでコメント遅れました、申し訳ありません。

やっぱりちゃんと訳すと翻訳版のようになるんでしょうか?個人的はデザインはちょっとおいとくとしても、ストーリそのものはそれほど悪くないんじゃないかと。自分が子供の頃なら多分満足したんじゃないでしょうか。

編集についてはオリジナルフィルムの破損が激しいため使い物にならない箇所は切捨てとかありそうですね。使ってる箇所でも正直知らないと鑑賞に堪えれないレベルの色褪せはありました。

そんなわけで私も超訳版と吹き替え版のダブルパッケージのDVD化希望しています(笑)
あとボロボロでも良いから完全オリジナルもつけてくれないかなぁ・・・

>A.Naさん

吹き替え版見てこられましたか。
やっぱり吹き替え版のほうが融通が利くというか、突っ込みどころが足りなくなっていますね(笑)

赤色帝国については字幕版でもカープ博士との会話の中でキム博士が「赤い敵が攻めてくる」みたいなことは言っています。

やっぱり次数に制限の無い吹き替え版は正しい日本語(笑)に訳されてしまいますね・・・

でもジャパニウム鉱石は無かったような気がするwww

字幕版はまた違いすぎる楽しみがあると思うので比較に見に行くのも良いかと思います。ただ、なるべく水曜日の1000円デーとかにしたほうがよいですがwww

なお、当方の記事は覚書なので必ずしも正確ではないので、字幕と違っていても怒らないで下さい^^;;

あと、フンがテコンVをはじめてみた時の「ピカピカ」て吹き替えは入りました?(笑)

吹き替え版を見てきましたが、字幕版の方がずっと面白そうですね。

敵の名前も吹き替え版は「赤色帝国」でしたし、「針と糸」→「アツアツカップル」と意訳されていました。
他にはマネージャが「半殺し」とか「ぶち殺す」とか「世界的に顔の大きいことで有名な」とかいった台詞がありませんでした。

後、ボタンを押すところの描写は一応ありました。
単なる格納庫のドアの開閉スイッチみたいでしたが。

また、博士の「ミサイルなどやつらには効きません!」は
指令「核ミサイルを発射するぞ」
博士「核兵器は我々に残された最後の武器です。ここはテコンVに任せて下さい」

といった感じに微妙に脚本が変えられていました。

それと、個人的に一番笑った台詞が中盤のヨンヒからの電話。
ヨンヒ「お父さんがジャパニウム鉱石から光子力エネルギーを取り出すのに成功したわ」
wwwww

それで、決戦でのユンの台詞は
「気合を入れるんだ!」→「光子力ビームを使うんだ」と変えられていました。

最後にフンの「この場で死ね!」→「罪を償え!」

等などです。
来週、字幕版をもう一度見に行こうかなぁ。

ω・)b<こどもじゃないよ商事に変更を依頼します

一番の悪はこども商事。間違いない。

通りすがりの者です。

いやあ、以前韓国の方に日本語訳を作ってもらった(!)事があって、テコンVに偏見が無かったために「結構感動的な物語だな」と思ったんですが、やはり日本公開のハードルは高かった!!w

うーん、やっぱり「超訳」にしないと日本じゃ客入りませんしねぇ。
でもお客さんに楽しんでもらえば、それが一番だと思いますので、これでいいのだ!!
でもDVD出るんなら、「翻訳」の字幕も付けて欲しい。
あと、微妙に編集されてるっぽいですね。

シアターN、水曜日なら誰でも1000円なので是非見に行ってください(・∀・)ニヤニヤ

しかし私も今度は吹き替え版見てみたい気も・・・

だめだ!
これ読んだら無性に見たくなってきたじゃないか!
気になりすぎる!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100961/49098900

この記事へのトラックバック一覧です: 【その1】V大作戦【アカ帝国大地に立つ!】:

« 偏向と偏光のコラボ | トップページ | 【その2】V大作戦【静岡攻略戦】 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Twitterさん@TL

  • Twitter営業日記

ゴッドハンド

  • 作業工具専門店のゴッドハンド

Link Share

  • フルイチオンライン
    フルイチオンライン
  • フルイチオンライン<検索>
  • AnimateOnline
    アニメイトオンラインショップ
  • Link Share
    アフィリエイトならリンクシェア
  • プレミアムバンダイ
    ガンダム30周年記念キャンペーン
  • HMV/エルパカ
    HMVジャパン
  • BOOK-OFF Online
    ブックオフオンライン
無料ブログはココログ