アフィリエイト

« SB4D | トップページ | Money Re-spec »

雨に泣いている

このヒット曲を演奏している人が12日に亡くなりました。

柳ジョージさん、死去

(´;ω;`)ブワッ
本当は顔文字なんか使うところじゃないと思う気持ちもあるんだが、本当にこの顔文字が気持ちの表現としてはしっくりする。

ここ数年間間違いなく人間椅子とならんで邦楽ミュージシャンとして俺の中ではトップに位置していた。数年前に病気で入退院を繰り返してるという話は聞いていたがまさか・・・

学生時代にアサヒビールのCM曲('96)として「Burnig」がタイアップされてそのかっこよさに引かれてシングルを購入してみたらB面の「Miss You」がまた、ブルーズ感あふれる名曲。当時クラプトンに傾倒し始めた時期だけに当然惹かれていきアルバムBURNINGを購入。クリーム時代のクラプトンをモダンなハードロックに仕上げたようなトーンがブルーズ一辺倒的なイメージと異なり衝撃を受けた。
その後、関東に来てびの人と近所の飲み屋に入ったところテレビでクラプトンのForeverman演奏しているのを見て驚愕。氏が和製クラプトンと呼ばれているのを知ったのはもう少し後のことだった。

その後、いつものように中古でアルバム集め始めるがなかなか見つからないなかベストアルバムの「30th」が発売される。後追いの俺のようなファンには実に良くできたアルバムで流石にキャリアのあるベスト、ほとんど名曲が収録されており(「やっぱり彼女はスゴかった」が何で収録されていなかったんだろう^^;)、特にウイットに富みつつも背中で語るような哀愁のある歌詞の「歌舞伎」は一番のお気に入り曲となった。

氏を語る際やっぱり、クラプトンも含めブルースと言うことは強調されるのだが、それ以上に日本人としての美学的な、往年の仁侠映画的美学の含まれた歌詞や時代の人でもあるが故のメロディーの調所に現れる70年歌謡的センスによる、聞いていて落ち着く感じ、これが氏の曲の魅力ではないかと思う。

そして、「雨」と言う単語を多用していた氏が亡くなったのが雨の日と言うのはきっと運命だったんじゃないかと思う。

ご冥福をお祈りいたします。

今日の1曲:Ticket To The Paradise / 柳ジョージ

« SB4D | トップページ | Money Re-spec »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

流石にこの手のニュースはあんまりうかつに流せんしなぁ。そちらのリッチーさんはCの勉強してたときに聴いたような記憶があるんだが生みの親がまだ健在だった言語なんだなぁ・・・

リッチー師匠にはどんな音楽やってもててもいいからとにかく元気でいて欲しいところ。64で子供も作っちゃった人だしwwww

訃報続いてる中でリッチー死去ての見た時はマジか?
と思ったがリッチー違いでC言語の父とか言われてる人?なのかな
訃報には違いないんだがチョットほっとしてたりʕº̫͡ºʔ

同じく、飲み会の帰りに首領のついーとでこのニュース知ったんだよなぁ。
当たり前の話、有名人なんて面識はないからこっちの一方的な思い入れの差なわけだけど、ここ最近では一番衝撃的で悲しいニュースには違いないわ。何よりライブとか行ってないから名まで見たことないって言うのがね。

これをつぶやくかどーしたものかと
悩んでいたんだよね
なんか最近面識はないんだけどショックて感じの
ニュースが多すぎる
飲んだ帰りに雨の中帰る道にはちょうど
あってた日記かな

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100961/52998166

この記事へのトラックバック一覧です: 雨に泣いている:

« SB4D | トップページ | Money Re-spec »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Twitterさん@TL

  • Twitter営業日記

ゴッドハンド

  • 作業工具専門店のゴッドハンド

Link Share

  • フルイチオンライン
    フルイチオンライン
  • フルイチオンライン<検索>
  • AnimateOnline
    アニメイトオンラインショップ
  • Link Share
    アフィリエイトならリンクシェア
  • プレミアムバンダイ
    ガンダム30周年記念キャンペーン
  • HMV/エルパカ
    HMVジャパン
  • BOOK-OFF Online
    ブックオフオンライン
無料ブログはココログ