アフィリエイト

« ナンドデモアール→ターントアール | トップページ | No Music No Life,but Get Out TowerRecord! »

Π乙

久々のTAC出撃と相成りましたが・・・

今回アメコミどころかタイ製でした(`・ω・´)キリッ

ACはAmericComicではなくAnimalCommunicationだよと最近某人狼女王親子のおかげでケモナー属性に目覚めた我々が見てきましたのは「ライフ・オブ・パイ ~トラと漂流した227日」。

アカデミーのノミネートも多く正月映画の中でも注目の一作なわけですがまず恒例のネタばれぬきの一言感想を。

優等生的優良映画です。

あらすじを大雑把に説明すると名前のせいで無駄に優秀になってしまったどこぞの巨乳メガネ公務員みたいなインドの少年パイが自分探ししてる最中、インドを出ざるを得なくなり日本の船で出発したところ嵐に遭遇して漂流、相棒は縁浅からぬトラ。彼は生き延びることが出来るのか・・・

いい映画だと思いますが超傑作!とか褒め称える映画でもないと言うのが正直なところ。いい部分っていうのはもちろん映像でこれはとにかく綺麗。我々基本的に2D派で3Dはこれまでの経験上今一だったことが多いのですが本作は3D有かもしれません

と言うのもアクションに重きが置かれているのではなく海の深さを表現する映像のため3Dを落ち着いて味わえる可能性ありです。

シナリオについてはネタばれ含むので後半語りますが内容・構成共に十分合格点。というか奇をてらわない作りで良いですし、邦画的には動物と人間だとこう、ムツゴロウさん的になるのですがそいうのはうまく回避しているのは好感が持てます。

そして悪い点も映像が綺麗過ぎることです。
もちろん映画だからって言うのは理解するつもりなんだけどはじめシマウマに蝿がたかってるとかすごいリアルな映像あるんだけど徐々に全体に綺麗にしかとってこなくなるんだよね。海の上って実は蝿とかものすごい固まってて本来ああいう映像が正しいんだけどまぁ、流石にと言うか、なんかトラが最後以外妙に綺麗。主人公がちゃんと汚れてくのに比較してトラが綺麗過ぎてアッカリーン/並みの空気になってた気が・・・

と言っても明確に悪い点はソレぐらいなので、ツッコミを楽しみに映画を見る層以外にはお勧めできる映画です。むしろカップルとか爆死して欲しい層は行きやがれ畜生と言う感じで畜生とか使っちゃいけませんね、畜生。

と言うわけで以降はネタばれ含みますので閲覧注意

(念のための隙間確保)

             ハ
          ___,..:':::::ヽ、
         ト'::::::::::::::::::::O--,
         |::::::::::(_):::::::::::::::::|
         |:::::::::::::::::::::::::_rv' <コノサキ ネタバレダゼ?
         .!:::::::::ー:.、:イ!:i
          !:::::::::::::::::::::|イ
       iヽ、__!:::::::ヾ,|::::/
       !  z::,|::::::::::::,イ
       `ー'´ヽ:::::r''ヽ!
           `''

そんなわけでネタばれ全開感想です。

まず、いろんな意味で邦題間違ってます。悪い邦題ではないんですが実のところトラも日数もあまり重要ではないかと。特に日数はまったく重要ではないです。

最後にパイが全ての物事を動物に例えて説明するのですが、実はこの物語ってトラ=神とするとものすごくしっくり来る宗教の物語だったりするんですよね。

パイ自体が自分探しとしてインドにありながらヒンドゥ、キリスト、アッラーの3宗教を信仰しており「神はそばで常に見ていてくれる」と言うのが漂流の希望の最重要ポイントっていうか、映画のテーマは多分これではないかと。

これを前提においておくと物語の映像は非常に説得力を増します。トラがそばにいて心の支えになるのは友情ではなく神の愛と捉えられるわけです。最後にトラが無言で去っていくのも神の愛は特定のものではないとう比喩にも捉えられるわけでもあります。

で、面白いのはこの日本人には微妙になじまないテーマを嫌味なく映像化したという点がこの映画の最大の良さであり特徴。同じようなテーマを扱ってる映画って全体にお仕着せがましいというか、某Kリスト教とか某福のK学とかの映画見りゃぁ分かるだろ!( ゚д゚ )クワッ!!

そんなわけで正しい邦題は「神と漂流した少年」→「神を捜した少年」くらいだけどこれだと露骨なので神をトラに置き換え・・・

あれ?邦題正しいじゃんΣ(゚д゚lll)イマキガツイタヨ

というわけで、邦題班GJですω・)b

あと、もう一つ置き換えがありまして海=宇宙でもあります。これは作中でもモロに出てくるので分かりやすいところでこちらはパイの自分探しの意味を人生は捨てることと悟らせる部分でもあります。

こう考えるとこの映画って思春期の子供に見て欲しい映画でもあるかも。捕食の原理もちゃんと描いてかつグロテクスではないし。もっと残虐に書いても良いけどソレは別の映画かアニマルプラネットに任せるべきか。我々だめなオトナーズにはもっと酷くですが(`・ω・´)シャキーン

と言うわけでお勧め度は結構高いし考える映画です。見といて損は無いです。

今日の1曲:Heartche Every Moment / HIM

« ナンドデモアール→ターントアール | トップページ | No Music No Life,but Get Out TowerRecord! »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

丁寧な家庭料理というよりはブログ等で見せるために綺麗に作った余所行き家庭料理かな(笑)

ただ、映画館で見るための映画ではありますね。最近は映画館で見なくても良いじゃないかというのが多いので^^;;

いやいや2/18にジャッジドレッドが(ry

感想乙です。おいらも書かないとなぁw

なんか豪勢なご馳走でもなく、ネタな色物料理でもなく、
丁寧に作られた家庭料理食った感ですねぇ。

こういうのを映画館で見るのもいいもんだと。
で、次はまた平常運転でGWに鉄男3ですかね(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100961/56648029

この記事へのトラックバック一覧です: Π乙:

« ナンドデモアール→ターントアール | トップページ | No Music No Life,but Get Out TowerRecord! »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Twitterさん@TL

  • Twitter営業日記

ゴッドハンド

  • 作業工具専門店のゴッドハンド

Link Share

  • フルイチオンライン
    フルイチオンライン
  • フルイチオンライン<検索>
  • AnimateOnline
    アニメイトオンラインショップ
  • Link Share
    アフィリエイトならリンクシェア
  • プレミアムバンダイ
    ガンダム30周年記念キャンペーン
  • HMV/エルパカ
    HMVジャパン
  • BOOK-OFF Online
    ブックオフオンライン
無料ブログはココログ