アフィリエイト

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

ペガスス水性拳

いつも純粋に時間が足りずにブラシで吹いてから1週間放置して次の色としていたのですが、今日は午前中に吹いてから午後また吹けると思い、水性カラーの乾燥時間調べたら1週間くらい欲しいよと知って驚愕しました、こんにちわ( ゚д゚ )クワッ!!

そんなグフカスですが現在サブカラーの白と焼鉄色を塗りおえました。で、最後のサブカラーを塗ろうとしたのですが実は一部焼鉄色と重なる箇所があることが発覚。そのため冒頭の通りマスキングのための乾燥時間調べたところ本日の作業はあきらめざるを得ない状況にwww

まぁ、正直3色目のサブカラーは基本色は決まっている物の若干調色が必要なことは分かっていたので慌てても仕方ないところが多かったり。っていうか、調色しようとしたら肝心の色を持ってないことに気がついたり。なんでグレー系の色持ってないwwww

そんなわけで買い出しに。
ニュートラルグレーとつや消しクリを購入。もちろんあると信じていて久々のトリオコラボに指定したにもかかわらずAGしかなかったHGジェノアスカスタムも購入。昨日ZAPさんが買ったときには残り1つだったはずなのになぜに今日5つあるのか。さすがウルフ隊長としか言いようが無い。

しかし、ジェノカスはとりあえず置いておくとして、現在体に影響が少ないこともあり水性ホビーカラーを使ってる訳ですがやはり他の塗料に比べると色が無い。あまり多すぎても困る物のどこのショップに行っても3段50~60色程度しか出ていないので細かいこと考えるとかなり調色が必要になるためちょっと調べたところ、海外製品があるという情報に。

今回こちらのサイトさんの情報を元にさせていただいたのですが、特に最後のModelMasterにかなり惹かれますが秋葉原で入手できなくなったとのことで、取扱店舗を代理店サイトから調べるとこの周辺だと荻窪か横浜だなぁと思ってみていたところ・・・あれ?(つд⊂)ゴシゴシ

スーパーキッズランド大須店・・・

・・・

・・・・・・

・・・・・・・・・大須のジョーシンやないかーい( ゚д゚ )クワッ!!

先週、いや、ぎりぎり今週くらい、行ってきたところじゃねぇか!  il||li _| ̄|○ il||li

当時この情報知ってたらちょっと買ってきてたよ、ママン・・・(´;ω;`)ウッ…
と言ってもバイクで塗料もって名古屋から東京まで走りたいかというと微妙ですが次に帰省するときは冬なのでおそらく電車!がんばって買ってくるか。それまでに閉店とかしないことを切に祈りますっていうか、相模原のジョーシンか通販サイトでも取り扱ってくれないかなぁ・・・

最後にこの塗料の代理店、どこかで聞いたとこだと思ったらガルパンで一躍時のメーカになったあそこだったのね・・・。戦車なんかのスケールモデルで水性塗料って印象が無かったんでちょっと驚くと同時に面白そうな物仕入れてるんだからもうちょっとがんばって欲しいですねー

今日の1曲:居酒屋 / さよなら海腹川背サウンドトラック
さ、刺身!?(((((((( ;゚Д゚))))))))ガクガクブルブルガタガタブルブル

太平洋を火で染めて

公開から1週間、一部クラスタで話題のパシフィック・リム観てきました。

もう、我々のクラスタはほぼ観たっぽいですがネタバレ無しというか、ストーリをどうこう言う映画では無いのでその辺吹っ飛ばして、

久しぶりに爽快な怪獣&ロボ映画ワーイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワーイ

70-80年代の理屈とか抜きのロボットアニメに毒されてるオサーン達にはこれでもかと襲いかかってるノスタル感。
行こうと思ってる人が観て外れる要素がある訳が無いというレベル

万が一迷っているなら、とりあえず見に行って

冒頭10分の戦闘シーンが面白くなかったら合わないからその場で劇場出てきた方が時間を無駄にしませんヾ(゚Д゚ )ォィォィ

今回も動向はTACのZAPさん、我々アクション映画は3Dで観ないという美学がある上今回声優さんが豪華すぎるため日本語吹き替えをチョイスした訳ですがあまりにマイノリティというか関東地方で数館しか無いレアっぷり。

正直裸眼3Dがもっと一般的になるまでは今の3Dは広大なベータテストに金払ってるだけのような気がします。むろんソレを必要とする映画の存在も必要ですが。

それにしても観た人が大満足した度合いというか、パンフレットが売り切れなんて久しぶりに観ました。今時アイドル映画でさえ売れ残るし、ここ数年間で売り切れなんてエヴァQの特装版くらいです。

まぁ、そんな訳で、本ブログのクラスタは確実に面白いと思うのでお勧めです。後は名古屋地区もっと宣伝しなさい。家の妹なんかCMの内容でさえ覚えが無かったぞ・・・
今日の1曲:Wolf To The Moon ~Difficult To Cure / Ritchie Blackmore's RAINBOW

Highway To Hell!

無事実家へのお土産を入手し、仕事のやばそうな所もギリギリ回避していざ帰省の旅へ。といっても実家は名古屋なのでルート的には町田横浜→名古屋南→都市高どっかと結構簡単なルート。

しかも今回ついに新東名を旅することに。開通してから1年、これまで全く縁が無かったのでついに日本最新の高速道を体験することにwktk
ナビも購入時は未対応でしたが最後の無料アップデートでちゃんと対応。これで勝つる・・・

さぁいざゆかん、帰省の旅へ( ゚д゚ )クワッ!!

そして、30分後、なぜか町田横浜ICへの道を間違えた俺がいた  il||li _| ̄|○ il||li
おかしい、俺の記憶では16号線まっすぐ行けば何もしなくてもついたのに・・・

どうもナビが斜め左方向といったところを無視したため大幅にずれた模様。ただ、あの道って初見でわかる道と思えないんだが・・・

それでもICに入りさすがに名古屋方面の進路は間違えない(アタリマエダ
町田横浜の合流地点はいつものお約束で激混み。といってもこちらはバイク、適度にすり抜けてデブリ浮遊空間を突破する。

ずっと新東名と東名の合流地点の渋滞情報が出っぱなしなのは気になるところだが町田横浜ほどの混雑は今のところなさそうな感じ。

大井松田の左右分岐はたぶん、今回が初めての右ルート。ナビの案内がそちらだったのが主な理由な訳ですが今までは左の方が退屈しない(景観が良いとか)聞いていたのでそっち優先で使ってたわけですが・・・

抜ける辺りの高速コーナーとかライダーとしてはこっちの方がおもしろい気がします(笑)

そしていよいよ新東名突入。まずはじめに・・・

どっかのSA/PAに入って休憩するんじゃぁぁぁぁヽ(`Д´)ノウワァァァン!!

別に新東名SA/PAがいろいろ凄いらしいから寄ってやろうというのではなく、当日の気温は2000年以降観測最高の気温状況、そして股間に100度以上の発熱体。

死ぬわ、マジでΨ(`∀´)Ψケケケ

というわけで早速駿河湾沼津PAへ寄ることに。
一般車両は手前から曲がってはいるのですがなぜか間違って奥までいく。そして、奥へ行くと駐輪場がないというピンチ
駐輪所のおっちゃんに相談したら「いいよ、そこの車線の所駐めといて!」と心強い回答をいただく。
そんなポジションで撮影した一枚
Road01
青空の美しさは人の心の色なんだよ・・・(~-~)トオイメ

それにしても新東名、噂通りPAすげぇ綺麗で充実。到着するとまずミスト噴射機で疲れたドライバを癒やしなんとUCCこと上島珈琲まで入った店舗。

でも俺が寄るのはミニストップですヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

ミニストップでアクエリ買って少し休憩入れて再度出発

写真でもわかるとおり見事な晴天。すぐにのどが渇く。というわけで80kmほど先の掛川SAで再度休憩。ここではちょうどお昼時だったのでこのSA限定らしい「お茶ラーメン」を食す。

Road02味は意外と旨く塩ラメーンベースにお茶漬けの元を混ぜた感じ。あられが良い味を出してます。そして何より海苔が香りよく、舌より鼻で味わうらメーンとの印象。お立ち寄りの際はおすすめしておきます。

写真のお茶ラーメン餃子セットで800円くらい。夏限定だったかな?

掛川SAに続いては給油のため浜松PAへ寄ることに。この時点で燃料メータの4ブロック消費なので1ブロック18km*3とすると大体200km位の地点である。半分超えた感じです。

浜松PAもやはりPAだけに大型施設。バイクもかなりの数が駐めてありました。
下り側は楽器のYAMAHAが中心で作られてるのか楽器のスペースがありドラムセットでたたけるとかなんか凄い。

YAMAHAバイクオーナに何も特典が無いのが玉に傷といえるでしょう( ゚д゚ )クワッ!!

そしてここでもお茶を買って一休みして給油してさぁ、ロードへと息巻いた俺の前に現れたのは・・・

この世の地獄としか思えない坂道でした(((((((( ;゚Д゚))))))))ガクガクブルブルガタガタブルブル

たしかに、私、獅子蟹座でどちらの特徴も持っていますが、こんなところで黄泉比良積尸気冥界波を食らうようなまねはしておりません(´;ω;`)ウッ…

動画の取得がうまくいかなくてお見せできないのですが、とにかく長い急勾配で真下に浜名湖や東名高速らしき物やが見えるため洒落にならないほどの高さを感じます。

はっきり言って、高所恐怖症の人間にとっては行ったら最後帰ってこれない最悪の場所です
il||li _| ̄|○ il||li

というわけで物理的または精神的問題により今後少なくともこのPAは利用することはないでしょう(´;ω;`)ウッ…

心に傷をおいながら、進むとナビが軽快に道案内を始める。
「何とか道路を行ったらすぐ何とかへいってください」

・・・すまん、もっとはっきりしゃべれ(´;ω;`)ウッ…

っていうか、名古屋行くのに何で分岐があるんだ?と思いつつ数少ない聞き取れたキーワード「伊勢湾岸道路 豊田南 出口」を頼りに進むと、無情にもルート変更しますのアナウンス。そのまま変更されたルートを行くと

そこはIC出口だった  il||li _| ̄|○ il||li

後ほど正解を確認したところ
「伊勢湾岸道路 豊田南出口方向に行き右側四日市方面へ進んでください」
だったようで・・・

わかるか、そんなもん(´;ω;`)ブワッ

というわけで豊田南からリスタートして刈谷SAでルート確認。一度間違えてしまえば高速は逆に一直線で行けるというか、この後は大して困らず名古屋南から都市高でようやく自宅。到着と同時にナビが

「お疲れ様でした、走行時間は6時間です
改めていわれて気がつく長時間走行、たしかに9時に出て15時に到着だからなぁ( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

そして、その日の夜から

激しすぎる筋肉痛に二日悩まされるのはまた別の話・・・・
今日の1曲:黒百合日記 / 人間椅子
これできょうからぼくも百合クラスターいりです(うそ

続きを読む "Highway To Hell!" »

とある駅の駐輪皮算用

世間ではお盆ですのでやはり合わせて帰省することに。

毎回帰省の際には実家へ崎陽軒のシュウマイを持って行くので買いに行くわけですが売ってる場所が意外と少なくて困る。最近通勤路の某所で出店があるのを発見したので帰省1週間前に購入しにいく。

なぜ、1週間前かというと、今回はバイクで帰省するから。ようやくグランドツアラー使用に相応しく300km以上のロングツーリングに使用されることに。

一番不安なのは乗る人の体力だけどな!(´;ω;`)ブワッ

で、その崎陽軒の出店がある某駅、周辺調べたら大型バイクを止められる駐輪場がある模様。ナビの無線系のコンフィグ変えたこともありテストがてら乗り出す。

ナビの案内通り進むが細かいところになるとやっぱり微妙に間違う。案内をm単位でいうのは正しいのだがそんな何mとか計測して走ってないので正直困るが何とか目的の駐輪場に到着。

が・・・

どこにも大型OKと書いてない、いや、むしろ125ccまでとしか書いてないΣ(゚д゚lll)ガーン

管理しているおばちゃんに尋ねたところやっぱり大型バイクはだめとのこと。仕方ないので近くに大型バイク駐められ所無いか訪ねたところひょっとしたらとの前提付きで教えてくれるがぶっちゃけわからない。

休憩がてら少しその場で悩んでいたところ、先ほどのおばちゃんが「長いこと駐めるの?」と聞いてきたので「いや、2,3時間程度です」と答えたところ、「それなら今空いてるし駐めちゃって良いよ」とのこと。

ありがたいので利用させていただくことに。中に入れると確かに床に「大型バイク」のマーキング表記がある。どうやら、50cc以上が大型バイクの定義らしい_| ̄|○

それは免許区分上「小型二輪」だと思うんだよ、作った人・・・

そして料金を払おうとしたところ、
管理人「あ、料金ね、もらっちゃうと案内したことになるから、良いよ。こっそり入れたことにしといて(笑)」

ちょwwwwwwwww
そんなこっちに全面罪かぶりそうな言い訳ってwwwww

といっても料金もかからないのはありがたいのでそのまま駐輪して置くことに。

そこから数メータいったところにショッピングモール的な物が有り、見てみると二輪のTIMESあり。2時間無料かよwwwww
次回からこっち使えばよしとして、今回はなんにせよ、困ってるところをご厚意で解決できたわけで車乗ってたときだとあんまりこういうの無かったので何となくうれしい気分に。

そしてこの後の帰省ツーリングでも同じようなことになるがそれはまた別の話。

今日の1曲:Crimson Day / AVENGED SEVENFOLD
こちらも今月新譜~

グフカスタム製造記004

現在絶賛帰省中でありますがそれと関係なくプラモの話題へ(`・ω・´)シャキーン

前回記事でいよいよサフ吹きが始まったわけですが、今回終わりました(笑)
記事的には一月以上かかっていますが終わったのは少し前なので週末作業のみで約4,5日分というところでしょうか。実作業時間だと15時間とかそれぐらいでしょうか。

まずは、パーツの総数的な物
01パーツ点数こそ数えていませんが、大小結構あります。比較的大きめの、たとえば脛なんかは表に出ない部分で支えて吹けば良いのですがバーニアパーツや動力パイプの押さえパーツなんかは小さいので逆に苦労します。

見てわかるかと思いますが棒に刺さってるのとブースの上と2カ所にパーツがあります。
HGUCだからといって油断すると結構な量のサフが必要になります。

実際の吹き上がりですが、サフが粒度の比較的高いシルバーという言い訳もしつつ、全体的に粗めの仕上げになってます。

本来サフで余分な傷などを発見してパテで埋めてきれいな塗装面を作り出すのが下地処理の役目なのですが、正直飽きた(ノД`)ダメダ、コノヒト
さらには溶きパテとか作るとか買って来るという気も起きず、やすりで削れるところは削って調整といういい加減さでいくことに決定。

工作は 明 日 か ら やるから( ゚д゚ )クワッ!!

ここまで来たら一度仮組、ZAPさんリクエストの銀立ちグフカスタムは下記の通り
02
仮組できっちりはめていないので若干間が抜けていますが・・・
写真だと一見悪くない感じに見えます。

・・・えぇ、キット悪くない、そう心に固く信じるおいらでした・・・Σ(゚д゚lll)オモイコミカヨ

これでパチッと組んで本組みも意外にありかと思いつつここに至る1,2週間、会社のトイレなどで考えていたカラーイメージを頭の中でテクスチャ化して貼り付けると俄然テンションアップ( ー`дー´)キリッ

というわけでこのまま塗装編の開始です。
なお、塗装パターンは今のところ秘密にしておきますが、当初のパターンはやはり止めました。

サフにシルバーを吹いたことであのカラーの必然がなくなったので配色の自由画というか選択肢が増えたので一般的なグフっぽいいめー時で塗らなくても良いかなーと。

さてまずは、セオリー通り薄い明るい色から塗る。

メイン色は若干調色する予定ですがそれ以外はほぼ色のまま塗る方向で。それら単色塗りで使う予定なのが鉄鋼色系とホワイト系。ルーリングでいえば当然ホワイト。そして使用するのはグランプリホワイト、いわゆるガンダムホワイト。すこしグレーがかってる白です。

まずは薄め調合をしていつものお試しAGE1さんに吹いてみる。
03まず、はじめに思った。

グランプリホワイトさん、予想以上にグレーだった( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \
ふたの色とかから判断してもう少し白っぽいと思ったのだけどね・・・ただ、ジオン機に使う白ってこれぐらいの汚れの方が似合うと判断(ヒドイ)

それにしてもグランプリホワイトは白にしてはシルバーの下地と微妙な相性なのか単に隠蔽力強めなのか、AGE1を見ていただいてもわかると思うのですが青とか赤で下地になってないところも意外と問題なく隠してます。ひょっとしてサフ的に使えるんじゃないか、これ・・・

気を取り直して、使用が決まったのでグフカスの塗装部分へのマスキングを施しブラシを吹く。吹き終えた後のパーツはこんな感じ
04マスキングされたのは脛ガードx2と左肩スパイクアーマの3カ所。残ったパーツは全面グランプリホワイトです。

特徴としては左スパイクアーマは基本カラーに白のストライプを入れるつもりで中央スパイクは基本カラーのグラデ予定というところになります。

脛ガードも最終的にはマーキング塗装の予定(これはまだ若干悩んでるところ)。今回は正面をグランプリホワイトで塗ったのみ。左右は基本色なのでマスキングです。

ここで一番気になるのは左アーマのストライプですが、はてさて・・・
05
写真わかりにくいですが結構うまく直線が引かれてます。中央スパイクも真っ白でスパイク基部がちょっとマスキングが削られているので要筆塗り修正です^^;;

一応、帰省前の処理はここまで。次回は武器類の鉄鋼色とボディ色、できれば基本色までいきたいところですが果たしてどうなるやらwwww

今日の1曲:Voice of Reason / Hearem Scream
新譜がMood Swingsのアレンジというのが個人的には微妙。このアルバムが名盤なのは全く否定しないんだけど・・・で、3rdについてのメンバーのコメントが未だに嫌いではないというが話の内容は意外と納得できたり。でも残念ながらちょっと伝わってないよなぁ^^;;




人はエデンに立って

誕生日くらいに届いて先週ようやく観て、感想がようやく今週です。さて何でしょう(笑)
そんな前置きからスタートしますは

機動戦士ガンダムAGE Memory Of Eden (以下MOE)

です。
発売から2週間経ちましたが一応新作なのでネタバレ抜きの感想から。

傑作。元々素材は良いと言われてたアセム編を見事にリメイク仕切ってます。比べちゃいけないんだろうけど、同じ再編集物としても新訳Zとかお粗末すぎて比べものにならないレベル。

ガンダムシリーズずっと観てきて、これほど裏ガンダムと呼べる物語は初めてでは無いでしょうか。0083みたいな多少なりジオンの側から見た物語もありましたがMOEは総合的にはゼハードと言う非主人公側人物から観たAGEの物語といえます

気持ちとしてはこのレベルでTV放映していれば元々の評価も変わったのでしょうが、ある意味TVがアレだったからこそ隙間をうまく埋めて合わないとこをやり直すという、再編集ならではの、まさに素材をちゃんと料理した作品に仕上がったといえます。
基本的に視聴対象は少なくともAGEを全否定してないというか、アセム編については多少なり良さを感じてた人(キオ編以降の展開にがっくりした人は少なからずいると思うし)は是非とも観て欲しい、少なくともAGEに何らかの良さを感じていた自分に恥じることは無いとそう思えます
しかし、調子に乗ってこの勢いで他もと言いたいのですがあとどうにかなりそうなのはグルドリンさんぐらいでキオとかアセムに比べるとちょっと薄いからなぁ・・・やってくれるんなら観ますが^^;;

と言う訳で以下ネタバレ含みますので未見の方はご注意を。

続きを読む "人はエデンに立って" »

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Twitterさん@TL

  • Twitter営業日記

ゴッドハンド

  • 作業工具専門店のゴッドハンド

Link Share

  • フルイチオンライン
    フルイチオンライン
  • フルイチオンライン<検索>
  • AnimateOnline
    アニメイトオンラインショップ
  • Link Share
    アフィリエイトならリンクシェア
  • プレミアムバンダイ
    ガンダム30周年記念キャンペーン
  • HMV/エルパカ
    HMVジャパン
  • BOOK-OFF Online
    ブックオフオンライン
無料ブログはココログ