« 小鳥遊家調理奥義(三女仕様) | トップページ | グフカスタム製造記004 »

人はエデンに立って

誕生日くらいに届いて先週ようやく観て、感想がようやく今週です。さて何でしょう(笑)
そんな前置きからスタートしますは

機動戦士ガンダムAGE Memory Of Eden (以下MOE)

です。
発売から2週間経ちましたが一応新作なのでネタバレ抜きの感想から。

傑作。元々素材は良いと言われてたアセム編を見事にリメイク仕切ってます。比べちゃいけないんだろうけど、同じ再編集物としても新訳Zとかお粗末すぎて比べものにならないレベル。

ガンダムシリーズずっと観てきて、これほど裏ガンダムと呼べる物語は初めてでは無いでしょうか。0083みたいな多少なりジオンの側から見た物語もありましたがMOEは総合的にはゼハードと言う非主人公側人物から観たAGEの物語といえます

気持ちとしてはこのレベルでTV放映していれば元々の評価も変わったのでしょうが、ある意味TVがアレだったからこそ隙間をうまく埋めて合わないとこをやり直すという、再編集ならではの、まさに素材をちゃんと料理した作品に仕上がったといえます。
基本的に視聴対象は少なくともAGEを全否定してないというか、アセム編については多少なり良さを感じてた人(キオ編以降の展開にがっくりした人は少なからずいると思うし)は是非とも観て欲しい、少なくともAGEに何らかの良さを感じていた自分に恥じることは無いとそう思えます
しかし、調子に乗ってこの勢いで他もと言いたいのですがあとどうにかなりそうなのはグルドリンさんぐらいでキオとかアセムに比べるとちょっと薄いからなぁ・・・やってくれるんなら観ますが^^;;

と言う訳で以下ネタバレ含みますので未見の方はご注意を。

150分で60分以上の新作カットというこの時点ですさまじく力入っていますが、実際の所新作カットのかなりの割合をゼハードとアセムとロマリーの関係に日を当てています。そのあおりで何気にMSクラブの二人とダズさんにも日が当たると言う副産物が(笑)

その学園生活を(基本的に)アセムの視点から編集したのが前半、こちらは本編のXラウンダー適正Dランク&ロマリーがゼハードをかばうシーンまでが描かれています。

ここまで行ったところでいったんTV板のEDが流れるのは結構心憎い演出。このED結構好きだったし、何よりここまでのアセムの心境以上にゼハードの事も詠ってる詩になってるんだよね、これ。タイアップだから偶然だと思うけど「僕が僕であるために・・・ この言葉が迷わせる」っていう歌詞はホントに物語として重い言葉だと思います。

TV板だとやや無理のある展開が多かったのですが、ロマリーを幼なじみ設定にしたりゼハードが地球に降りたときから縁があったと設定することで結構すんなりと受け入れられます。あとどさくさに紛れて牧草にガンダムを隠すという荒技はやめた模様。これは正しい(笑)

前半の一番良いところは主人公3人の関係を整頓して、且つアセムとゼハートの関係をしっかりと書き切ったところ。証言としてはちょっと古めかしい学園熱血漫画みたいな展開ではあるのですが・・・オーソッドックスの何が悪いと( ゚д゚ )クワッ!!

そして後半、こちらはもう完全にゼハードの物語です。

発表時から150分でアセム編から最後までどうするんだろうと思ったら、ゼハードの視線に関係ない物はばっさりと切り捨てる英断。なのでキオ&AGE3の出番はほとんどありません(笑)

後半はこの編集も含めてとにかく演出面が素晴らしくゼハートの複雑な心理の移行を書き切るのに全力を費やしています。もう一人の主人公のハズのアセムについてでさえ最初のスーパーパイロット覚醒シーンぐらいという割り切りの凄さ。

で、代わりに意外な人物が物語の鍵を握ることに。
そう、まさかのデシル兄さんです。

デシルを含めてゼハードやイゼルカントの唱えたエデンのために犠牲となった人々がゼハードにその意思を投い、そしてその意思のため徐々に追い詰められていくゼハードの心理を元々火星の赤だったはずのゼハードの乗機は最終的には血の色の赤であるレギルスRとして表現しているとしか思えない演出の妙。

そして最終決戦のレギルスvsダークハウンド。ここ数年で観たアニメロボット物の千等親の最高傑作の一つだと思います。

なにがと言うと言うと、作画とかそんなことでは無く、レギルスがDHに組み付いてマウントからのただの拳によるパンチ→ストンピング→フラッシュで逃げられて近くの船を八つ当たりで撃沈。

これのシーンほどメカだけを表示してその向こうにパイロットの心理を映し出した表現は観たことが無いクラス

追い詰められたゼハートが結局の所この期に及んでも苦しみを吐露できる相手はアセムしかいなかった。ゼハードやイゼルカントの正義のための多くの犠牲となったデシルや死人たちのため、自分の身を切ると同様のフラムを見殺しにしてソレでもなおもエデンが見えない。そんな苦しみさえも結局敵であるはずのアセムにぶつけるしか無い。

時間にして数分も無いこのワンシーンのためにMOEを観るべきと言っても良いシーンです

だからこそ最後にゼハードが観たエデンはアセム、ロマリーと一緒の未来だった訳で、彼が信じるべきエデンの姿と未来はこちらだったことに最後の最後で気づけたことが救いだったと明示され、そこに行くには自分の罪を許せないからこそあそこで死を選ばざるを得なかったと、後半理解不能と言われていたゼハードの行動を見事に描いてくれました。

だからラスト、ゼハートの墓がゼハート同様に地上を夢見て死んでいったルウ達の墓の横、見晴らしの良い緑の丘の上でフラムと一緒の墓って言うあたりが1年AGEを観た俺らを泣かせざるを得ない(´;ω;`)ウッ…

それにしてもダズさん、ゼハードの卒業式の日を心配したり人の良さに加えて数少ないフリット搭乗のAGE1を行動不能にするとか何気に大活躍してたなぁ・・・^^;

今日の1曲:My World / SPYAIR
やっぱりこの曲しか無いって事で


« 小鳥遊家調理奥義(三女仕様) | トップページ | グフカスタム製造記004 »

「ガンダム」カテゴリの記事

コメント

感想があまり割れないという点ではきっちり絞り込んだ演出の勝利ですよー
演出とかその辺がだめって言ってた人も結構評価してくれるんじゃ無いかと。最初から非難ありきの人以外には是非観ていただきたい。

というわけで、MGレギ署名ですよ!っていうかHGレギのVer2.0はまだですかっ・・・

やっとMOE見終えて衝動のままに感想記事書いてようやくここを見る事ができると思ったら、結構同じような事を書かれていてワロタwww

物語の構成は申し分ないし、戦闘シーンはカッコいいし、本当にMOEはAGEを一定以上評価してる人は皆見るべき。

でも魔中年改め魔幻影テメーは駄目だwうざすぎるwww

確かにダズさんかっけーでした。もうちょっと大型機に乗ってたらフリット道連れにできたかも(やめて歴史が変わるw

レギルスの赤が血の色に見えたのはまさしく自分もで、おいらにゃゼハートの涙の色に見えましたよ。

いやーやばい、罪とか度外視でレギルスとダークハウンド組んで飾りたくなった( ;∀;)マズイー

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100961/57928794

この記事へのトラックバック一覧です: 人はエデンに立って:

« 小鳥遊家調理奥義(三女仕様) | トップページ | グフカスタム製造記004 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Twitterさん@TL

  • Twitter営業日記

ゴッドハンド

  • 作業工具専門店のゴッドハンド

Link Share

  • Link Share
    アフィリエイトならリンクシェア
  • プレミアムバンダイ
    ガンダム30周年記念キャンペーン
  • HMV/エルパカ
    HMVジャパン
  • BOOK-OFF Online
    ブックオフオンライン
無料ブログはココログ