« ペガスス水性拳 | トップページ | グフカスタム製造記006@ロールアウト! »

グフカスタム製造記005

さて、前回サブカラー1のグランプリホワイトでしたが今回はサブカラー2と3まで行ってみましょう。

まずサブカラー2こと焼鉄色。
004・・・サブカラーという割には結構適用パーツあります。
よくよく考えれば武器関係がほぼ全部だったりハンドやバーニアのパーツもあるので数はそりゃ多いわと。ただし基本単色のみで塗り分けのマスキングとかいらないところなのでそこだけは楽

・・・そんな風に思っていた時期が俺にもありました  il||li _| ̄|○ il||li

実は思い違いをしていて、この色黒からグレー系統の色だと思っていたのですが実はシルバー系で、粒子が荒いタイプで結構塗りむらが出やすかったり変にだまりやすかったりします(汗)

003その結果、こんな箇所が出てきたり。黒着で埋めた箇所がもろに浮き出すという失態。再度吹き直して事なきを得る。

あと、もう一つの問題が銀サフの上にシルバーを吹いた事になったので、発色が良くなったと言うより色の乗りがわかりにくい il||li _| ̄|○ il||li
少し黒っぽくなるのを確認しながらスプレーする。発色は良いけど少し使いにくい、そんな残念系の印象。と言ってもキット今後も使うんだろうな、この色^^;;;

そしてサブカラー3、あずき色+
トーン暗めに仕上げたかったので通常の小豆色にニュートラルグレイとごく少量のつや消し黒を混ぜて攪拌。
こちらはパーツはボディと腰だけで少ないがリアの腰アーマが間接分との色分けをしたいので結構量のマスキング。

このとき午前中にサブカラー2を塗っていたので午後からサブカラー3の作業に入ろうとしたところ水性塗料が乾燥するまでには1週間とか言う恐ろしい記事を発見⊂⌒~⊃。Д。)⊃ ピクピク

このとき山善の食器乾燥機が良いという話を聞き後日購入(笑)
今回は結局翌日に強行wwww

お試しAGE-1さんに吹いたところ結構良い色というか、小豆と言うよりトランザムになってしまったという。とりあえずそのまま吹き付けてみるが・・・

色薄っ!Σ(゚д゚lll)ガーン

ちゃんと発色はしてるんだけど何というか、存在感の薄い感じ。仕方ないのでしつこく吹いてみた結果・・・
005くみ上げるときれいな赤色に(゚∀゚)ノ キュンキュン!

・・・いや、赤色にしたくないんだけど(笑)
イメージ的にはもう少し暗めの方が良いのですがこれは塗料のトーンでは無くサフのトーンに影響されてしまっているようなので無理せず諦める。
実際の所、色そのものは綺麗で何気に気に入ってるところもあるので^^;;

実際この赤と白の組み合わせは悪くないかと。なんかFate/Extraの赤セイバーっぽくも見えますがΣ(゚д゚lll)ナンデ、ソコダヨ

というわけで、これでサブカラーは塗り終わったので残りパーツはメインカラーのみ!と言う訳で次回これを処理していよいよ完成・・・か?

今日の1曲:Look At Your Self(邦題:対自核) / URIAH HEEP
なんかこのアルバム(対自核+7)期間限定で安くなってたあげくに5%OFFチケットがあったので衝動買い。アルバムジャケットもちゃんと鏡仕様だしwwwww

« ペガスス水性拳 | トップページ | グフカスタム製造記006@ロールアウト! »

「ガンダム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100961/58103568

この記事へのトラックバック一覧です: グフカスタム製造記005:

« ペガスス水性拳 | トップページ | グフカスタム製造記006@ロールアウト! »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Twitterさん@TL

  • Twitter営業日記

ゴッドハンド

  • 作業工具専門店のゴッドハンド

Link Share

  • Link Share
    アフィリエイトならリンクシェア
  • プレミアムバンダイ
    ガンダム30周年記念キャンペーン
  • HMV/エルパカ
    HMVジャパン
  • BOOK-OFF Online
    ブックオフオンライン
無料ブログはココログ