アフィリエイト

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

水の国へ愛を込めて

ちょっと前のブログに書いたとおり私人間性が非常に悪いので塗料は水性をメインにしています。

そして前回の記事の通り、ここ最近どうもハンドピースが旨く動かない。前回の記事では古い方だけでしたが本日新しい方もダメに  il||li _| ̄|○ il||li

ここに来て原因は機器では無いなぁと思い直すΣ(゚д゚lll)オソッ

ではどこが原因かと考えると、塗料の希釈に問題があるのでは無いかと。

実は水性に移ったのは復帰後で復帰したときにアクリル塗料がほぼ全部乾ききってたので新しくそろえる際に水性にしたというのが始まりです。

エアブラシで吹く場合、塗料そのもので使うと粒子が大きすぎるし重いので、シンナー等の溶剤で希釈して使うわけですがこの希釈率がなかなかのくせ者になります。

アクリル溶剤の場合、おおざっぱに塗料1:溶剤1.5~2くらいで溶剤の方が多めになります。水性塗料は逆に塗料1:溶剤0.5とか溶剤の方が少ないです。ただし、これはクレオスの水性ホビーの場合です。

クレオスの水性ホビーは流石に国内随何時のメーカだけに実に安定しています自分の場合適性は溶剤0.3食らいでも良いかと思っているのですが大体0.3~0.5で問題ありません。

問題は今使い始めたアクリジョンとModelMasterの場合。

元々公式ページにも「色によっても希釈率変わります」と明示されているアクリジョン。単色ならある程度溶剤0.3くらいで安定しそうなのですが調色すると全く分かりません
ModelMasterに至ってはその辺の情報も無いので完全手探り。さらにこの2種類の塗料に共通しているのは、

塗料の状態が一定してないΣ(゚□゚(゚□゚*)

えぇ、購入時の塗料の状態が安定してないのです(笑)
さらっさらの場合もあればドロッドロの場合もあってそこも加味して希釈しないとイケないという修行がスタートします(´;ω;`)ウッ…この点、先日ヨドバシで定価680円くらいがなぜか50円で売ってたガイヤのアクリルはちゃんと使えるレベルだったなぁ・・・

やっぱりこの二つの塗料は筆塗り前提なのかと思いつつも色々試行錯誤した結果
・塗料1:溶剤0~0.1
・使う溶剤は「水」が最強
と言うアクリル派の人が聞いたら悶絶しそうな結論に。

で、これで塗ってる間は良かったのですが問題は
両塗料共に速乾性かつ強塗膜であると言うこと。

いや、これは普通メリットなのですが問題は希釈率が低いブラシ吹きをするとどうやらノズル詰まりの原因になりやすい模様。さすがにドロドロモードの時は多めに希釈するのですがある程度の時はそのまま使うのでこの状態に陥りやすいという・・・

それならしっかり希釈しろと言われそうですが前述乗っ取り結構シビアですぐに塗料がたれて酷いことになりやすいです。

実際ブラシでは上記結論の希釈が良さそうなのですがこうまで詰まると果たしてどうしようかと見事に詰んだ状態  il||li _| ̄|○ il||li

というわけで水性塗料は日々修行と言うことでもうちょっとがんばってみます。例のヨドバシの50円塗料で久々にアクリル使ったらやっぱりキツかったんで・・・(´;ω;`)ウッ…

今日の1曲:水の星へ愛を込めて / 森口博子

ブラシぶっしゃー( ゚д゚ )クワッ!!

少し前にメインで使ってたWAVEのハンドピースが突然吹かなくなったのでしばらくは予備で購入しておいたタミヤのピースで吹いていたのですが何時までもそうしとくわけにも行かないのでとりあえずメンテ開始。

蓋を開けてみると

・・・あれ?水がこぼれてきたよ?

最後に使ったのが水性塗料だったのでどうやら水を入れて溶かしていた模様。酷いな( ゚д゚ )クワッ!!

当然水を抜いて、クレオスのブラシクリーニングキットで清掃開始。基本的には筆が着いているのでそれを使って噴射口を掃除する以外は通常メンテとあまり変わらない。ただ、トグルスイッチをハズしてのグリスアップおよびニードルのガイド?を一度外すのはあまりやってない作業。

ガイドについては一度ハズしてツールクリーナにつけ込みニードル貫通部の塗料を溶かす。これが結構効果あったのか、ガイドを本体に戻しニードルを何度か差し入れると詰まっていた黄色がみょっと出てくるのでこれを出なくなるくらいまで繰り返して再度コンプに接続して試し吹き。

お、出てきた出てきたヽ(´ー`)ノバンザーイ

と言うわけで回復したので本日再使用

はい、再度死んだ  il||li _| ̄|○ il||li

そして、とりあえずサブに切り替えるも今度はコンプがまたまたオーバーヒート(´;ω;`)ウッ…

ランナー塗装なんで範囲が広いにもかかわらず0.2mmのピース使ってるからコンプへの負担が大きいのは分かってるんだヨォォォ  il||li _| ̄|○ il||li

そのために実は下地のように広範囲塗る物はガイアノーツのイージーペインタに切り替えたのですが・・・エアを標準の物から市販のエアダスタに替えたこともあるのか、結構塗りむらが多い。あと若干塗料がゆるめになるというか、塗料より溶剤の方をよく吹く傾向があるように見えます。

もう一つ、ゆるめになる分、塗料消費量が多い。ブラシは2ccカップでランナー一枚ある程度ぬれるのですが、イージーペインタだとボトル1回で7CC以上は使ってるのですがランナー1枚かなり厳しいです。

というわけでかなり状況厳しいですががんばって塗って行きます。

今日の1曲:天狗笑い / 陰陽座

僕が酒も煙草もやらない理由

本ブログをごらん頂いてる方々にはご理解頂いていると思いますが、

わてくし大変病弱にございます(`・ω・´)キリッ

どれぐらい弱いかというと多分スペランカーの主人公級

・・・よりは強いと思いたい・・・(´;ω;`)ウッ…

そんな私ですが、先日久しぶりに健康診断で人間ドック入ってきました。自腹3000円はかかりましたがまぁ、それぐらいなら受けておけば良いかと割に軽い気持ちで受診。2時間ほど検査して終了。

で、数週後。結果が届くわけです。

結果を見るを見ると・・・

まぁ、メタボは置いておこう、外見で分かることだし(マテ

それ以外を見ると・・・殆どA判定。
大学受験の時でさえ無かった高評価です

問題は、Aでないところが2カ所一つは肝機能。もう一つは肺機能。どちらもCで要経過観察と言う奴です。
実はメタボについては脂肪蓄積値はアウトなのですがそれ以外の追加項目に全く引っかからないため何気にメタボ診断されていないといういつも通りの綱渡り人生

うち1つ、肝機能はGPTがかなり高く、実はこれ10年ほど出ていたりします。肝硬変とかヤバイらしいです。

で、もう一つの肺機能。こちらはなんと今回初めて期待の新人です
%肺活量が75%で軽度拘束性肺機能障害?とからしいです。症状が無ければ1年後再検査とありますが症状がなんだか分かりません( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

しかし煙草も酒もやらないのに何故か肝臓とは胃が悪いという不思議な現象。ある意味がんがん酒も煙草もやる人がうらやましいと言っても良い感じ・・・

・・・と、ここまで考えて気が付いたのですが

肝機能と肺機能悪いから酒も煙草も嫌いなんじゃね

どちらも本能的に嫌ってた部分があるのでこの診断結果で逆に嫌ってる理由に納得がいったというか恐ろしく納得。

体が受け付ける要素無ければしゃーないよね~

そんなわけで不健康な体を維持するために健康的な生活をするという微妙に理不尽な結果を受け入れると言うことにwwww

しかしそれだとプラモデルのシンナーは・・・いや、趣味は別肺と言うことでOKな方向でω・)b
体に優しい水性メインだし( ゚д゚ )クワッ!!

今日の1曲:Too Young To Die , Too Drink To Live / ALCATRAZZ

ぱぴよん!

私はここに居て良いのか。

姉妹達は既にあの光の中にいる。だが今の私にはあの光の中に行く術は無い。姉妹達より数時間遅く目覚めた私には搭乗するべき機体、AMX-004G量産型キュベレイ、それが私の搭乗する予定の機体だったが私が目覚めたとき私の乗機となる機体は既に破損した姉妹の期待の修復に回されており出撃できる状態では無かった。

では、私は何のために目覚めたのだ?

私たちはマスターのために戦い、マスターのために死ぬべき存在。

なれば、私は何故ここに居る?

マスター、答えてくださいマスター・・・

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
と言うわけでようやく前回のガンプラ会で作ったキュベレイパピヨンのネタです。魔法少女まじかる☆じぇのかす以来のSS風紹介文です。

今回の機体はコンセプト的には「蝶」をイメージした妖艶な機体を目指して作成しています。なので元の色では無くアゲハチョウ的な黒と黄色をベースに文様の追加としています。

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
「プルエイスの状態はどうか」
「先ほど目覚めたようです。コールドスリープの間に調整は済んでおります、グレミー様」
「そうか、しかしキュベレイの空きはあるのか?準備して置いた最後の1機はハマーンに奪われたのでは無かったか?」
「はっ。ただ、それは量産型の話でして、もう1機特別な機体を用意しています」
「・・・あれはサイコミュが強力すぎてパイロットを使えなくするとして廃棄されていたはずではないか?」
「はい。そのための調整を施しておきました」
「そうか・・・ならば使うが良い」
「はっ」

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
BFの機体をUCに設定してみました( ^ω^ )
キュベレイって改めてみると結構色んな設定あるのね。

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

「プルエイス」
「・・・誰だ、お前は。」
「お前のマスターの使いだ」

マスター・・・顔も思い出せないがその言葉は私を支配する。私の目覚めた意味を全て支配する言葉。

「お前にこの機体を与えよと、グレミー様からの命令だ」

グレミー・・・誰だ・・・分からない・・・だがその言葉に反応して脳裏に誰かが浮かぶ、マスター・・・この誰かが私のマスター・・・
「・・・分かった」

その機体はすぐそこにあった。AMX-004P キュベレイパピヨン、試作量産型キュベレイ・・・何故私はこの名前を知っている?そして私は何時ここまでこの機体の側まで来たのだ?

暗い格納庫の奥、意図的に隠されたその場所には真っ黒な機体があった。
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
01写真はSSと全く合っていませんが気に入ってます(笑)
キュベレイパピヨンダークマター・・・ウソです、ダークマターつきませんwww

上半身のベース色はModelMasterのフラットブラックとカドミウムイエロー、同じ色構成ですが下半身はアクリジョンの光沢黒とオレンジイエロー+イエローとなっています。バインダー基部および上腕と胸部のメカ部分はModelMasterのマレンコグリーンとしてます。

とにかくModelMasterのイエローが素晴らしい発色。コレまで見た塗料で最高の黄色だと思います。何ぜ全体に使わなかったかというと、足りなくなりそうだったのと下の方から燃えるような感じを出したかったから。
02これも良い写真(ジガジサン

バインダーの文様を左右非対称にしたせいか見る角度によって表情が変わってくれるのが楽しいです。

光沢・非光沢が入り交じっているので全体にModelMasterのグロスクリア吹いて光沢を出した結果、バインダー部の輝きが強く、下半身がやや鈍くなったことからグロス+光沢よグロス+つや消しの方がグロスの効果は強いように見えます。
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

「操作方法は分かるな?」
「・・・問題ない」
「では行け」
「それは・・・マスターの命令か・・・?」
「そうだ・・・グレミー様の命令だ、ハマーンを撃て。」
「承知した・・・出撃するぞ、ハッチを閉める、邪魔だ・・・」

黒と黄色の禍々しき機体があたかも孵化する蝶のごとく宿り木たる船より飛び立った。

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
05飛翔ポーズ風味
周り真っ黒にしたら黄色ばっかりになりそう(笑)

パピヨン仮面だけオリジナルの通り赤ですが何気にライン入れてベイガンと言うかサイクロプスアイ風にしています。純粋な趣味です(笑)
03
と言うわけで背面。
ミツバチとも言われましたが納得できますwww
元々蝶の丸い目玉模様をイメージしつつ実際にはバーチャロンが参考という為体(笑)
04
別角度。
意外とちゃんと接地します。
本編では飛び去りましたがそこで接地。

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

「ん・・・何だ、このプレッシャー・・・グレミーのまがい物の中にこれほどのプレッシャーを持つ物が居るのか?」
「いや、コレは・・・思考を一方にのみ調整し増幅した思念か・・・主を絶対として私への鉄砲玉を作ったか。良かろう・・・」

そして数分後、サダラーン級戦艦から1機の白いモビルスーツが舞った。

姉妹達は今どうしているのか
マスターはどこに居るのか

もはやそんなことはどうでも良い。私を支配するのはマスターの言葉だけ。

ハマーンを殺す

これが私の全てだ

そして、ハマーンを殺した後は・・・

私はどこへ行くのだ?

分からない。考えさえも出ない。マスター、教えてください・・・目の前の白い奴を破壊すれば教えてくれますか?

     ・
     ・
     ・
この後の歴史の中にハマーンがグレミーのニュータイプ部隊と交戦したと言う記録は無い。仮にあったとしても、それは最終的にエゥーゴが勝利した以上些細な事でありその真偽は何にも影響しない。
そしてグレミーの反乱により量産型キュベレイおよびそのパイロットは全滅と言われており、その中にキュベレイパピヨンが含まれていたという記録は無い。

今日の1曲:BlackStar(live) / YNGWIE J. MALMSTEEN

ガンプラ会4th

そんなわけで元気に自分としては4回目のガンプラ会行ってきましたヽ(´▽`)/

今回、実は日程の都合で無くなるかもという噂を聞いて9月で公民館とか埋まってそうだなぁと納得してしまい、予定していたプランAとBのうちAを来月に向けて準備開始

・・・しようかと思ってたら8月の最終週の頭に本日9/7開催だよ!(o^-^o)
と聞いてうれしくもネタどうしようと苦悶の日々が始まる事態に(笑)

プランAは内容的に1週間の準備では足りないことが分かっていたのでプランB、通称アイナセットのキュベレイパピヨン&ミスサザビーの検討を開始。

当初はミスサザにしようと思ったのですがメインカラーこそ決まった物のサブカラーとマーキングのカラーが決まらないため、マスキングの手間は有る物のほぼ決まってたキュベパピに決定。

あわよくば2体と思っていたのですが流石にがっつりと使えるのが3日ではちょっと厳しく、かといってもキュベパピ一体では時間が余りまくるのでもう1つHGで何か選ぶ必要があり色々迷った末、あるMSをチョイス。

そんなこんなで今日当時を迎えたわけです。

4th_001今回のキット集合
前回参加時と打って変わり1/100が殆ど無く(キュリオスとエアマスター2体のみ)で残りはすべて1/144とSDと言うならび。
フェネクスやジョニザク、そしてみんな大好きゾックさんとか個性派に加えてダークマターと通常版アメエクの並びがあったりいつもながらバラエティに富んでいます。

そして製作後のキット集合写真
4th_002改めて個性派揃いw
特にゾックさんとズサの存在感半端ないwww
キュリオスは変形形態が中々独特でかなり縦長でカッコイイです。
アメエクとダークマターも以外と細かいところで違いがあったり只の色替えでは無い感を出してたり、何気にあまり出ていなかったというHGUC RX-78-2ガンダムのシンプルなかっこよさなどどのキットも改めて実物を見ると作りたくなってきます。

そんな中、私はキュベレイパピヨンと何を作ったかと言えば・・・

4th_003コレです。
そう、HGスタービルドストライクです。2ヶ月連続でMGとHGを作ることに(笑)
なんでこれを作ったかというと、

ガンダムハンマー持たせてゴックごっこがやりたかったから( ゚д゚ )クワッ!!
と言うわけでは無く(なお、ガンダムハンマーは本当に持って行った)
アイラセットがダメならキュベパピと一番因縁の深い奴で行こうと、つまり
4th_004
こんな感じにOP再現とかで遊べるしww

再現といってもパピヨンのイメージが違いすぎて再現と言うにはあまりに印象が異なりますがwww

そんなわけで、先ずはそのHGスタビルから

4th_005見ての通り、このキットは純然たる素組みです。

プラフスキースターゲートも持って行ったのですがポリキャップを忘れたため接続できませんでした
wwww

一応1カ所、膝の部分だけ通常のシールからいつものデコシールへ変更。今回型合わせで切らないで適当に短冊に切ったデコシールを貼ってデザインナイフで折りをつけて上から外装パーツを装着して余計なところを隠し、はみ出たところはデザインナイフで切っています。

手抜きの方法ではありますが一々シールから型を起こすより早くてしかも綺麗に出来ます。

今日は作成中もなんか上手く手を抜く方法のようなことを延々と話していたような気がして、人に物を教えるのは非常に向いていない気がしました(笑)

ついでにアルティメットニッパーの実演販売シーンに限りなく近い試し切りとかもやっていましたがやっぱり中毒性強いな、あのニッパーwww

そんな感じでいつもながら楽しくガンプラ作ってきました。キュベレイパピヨンについては後ほど詳細書かさせていただきますが、概ね狙い通りに印象を与えてくれたみたいで結構満足。いや、技術的にはまだまだすぎるってことも実感してるんですが^^;;

今日の1曲:Manifest Distniy / JAMIROQUAI

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Twitterさん@TL

  • Twitter営業日記

ゴッドハンド

  • 作業工具専門店のゴッドハンド

Link Share

  • フルイチオンライン
    フルイチオンライン
  • フルイチオンライン<検索>
  • AnimateOnline
    アニメイトオンラインショップ
  • Link Share
    アフィリエイトならリンクシェア
  • プレミアムバンダイ
    ガンダム30周年記念キャンペーン
  • HMV/エルパカ
    HMVジャパン
  • BOOK-OFF Online
    ブックオフオンライン
無料ブログはココログ