アフィリエイト

« 鏡のない世界 | トップページ | GRD 2015/03分 »

(ぷち)メタルゴッド

先月から今月にかけてそれなりに色々あったのですがちょっと今回は緊急でこのネタを。

ガイアノーツさんの新製品プレミアムメッキシルバーのモニタがあたったのでそのレポートを。と言うのも発売が4月中なので流石にコレ後回しにするのはどうかとwww

あと先日足幡塾OFFで写真が小さいと言われたので少し大きくしています。サムネイルは設定なので変わりませんが・・・

と言うわけで試用開始。
商品と一緒に届いた説明書によれば一番発色が良いのは黒立ちで処置することとのことなのでキットを黒で塗ることに。はじめはサフ→アクリジョン黒→プレミアムシルバー→水性クリアの順で塗装する予定でしたがちょっと予定を変更してガイアそろえでサフEVO(黒)を買ってきて準備完了。

001というわけで作成するのはコレ。親子では無くプチッガイの方です。本当はネットランナーおまけの先行者にするつもりだったのですが直前で行方不明になりました(´;ω;`)ウッ…

先ずはキットの下処理。プチッガイにそれほど大きな合わせ目は在りませんが足や頭は最中合わせなのでその辺は処理。
あとは耳を後ハメにしてリボン裏をパテで埋めて丸く削って整える・・・整ったのか?

002黒サフ完了。
良い具合に黒くなりました、そんな風に思っていた時期が俺にもありました・・・
あとになってわかったことですが実は結構傷跡が残っていた模様で最終てにそれが結構出てしまいました。もうちょっと厚く塗って埋めちゃえば良かったかなぁ・・・

さて、プレミアムシルバーですが他の塗料とは異なりブラシ用に希釈済みになっており薄め作業が存在しませんのでそのままドバドバとブラシカップに入れていく。速乾性なので少量づつ入れていくことにするが何故か上手く入らず結構こぼれる。

希釈済みでかなり薄めなのか水に近い感覚。可能であれば注ぎ口を用意するか面倒でもカップに入れながらやった方が良いかと。

あまり強く吹かないようにと説明書にあったのでちょっとゆるめに慎重に吹いてみる。小さいパーツは吹いてるのがわかるが大きいパーツは少しわかりにくい。

と言っても吹いてる最中でも十分居シルバーが発色して鏡面できてくるのでここいらは感動するというレベル。銀色は他も使ってますが鏡面は出ないです。

003プレミアムシルバー吹いた直後。
一応2度吹き。推奨は2~4度なのですが、ここまでで結構塗料消費が激しく1/3ほど使用しているためちょっとけちりました(´;ω;`)ウッ…

ケチったと言っても鏡面はそれなりにできています。それなりというのは・・・

下地処理がイマイチなんで結構傷とか目立ってるんだよ!ヽ(`Д´)ノウワァァァン!!

004写真だと意外と目立たないんですが側頭部下辺り結構傷になってます。
鏡面についてはこの写真でも割にわかるのでは無いかと。かなりプラスチック感は薄れます。
眼については付属シールによるマスクをしています。鼻の部分も同様でこの2カ所は黒地そのままになります。

そうこう作業して乾燥時間含めて30分から1時間くらいで組み立てられるレベルに。ただ、時間置いてから見たかったのでここで一晩寝かせています。

005これが一晩寝かせたプチッガイの勇姿( ゚д゚ )クワッ!!
割に超合金っぽい?(笑)
正直なところ初心者がいきなりやってみてここまで綺麗にできると思わなかったので驚きました。

液だれはしやすい物のやはりブラシ用に薄めて在るというのが効果が高くこの部分での失敗が無いというのは本製品の最大特徴かも知れません・・・その分コストパフォーマンスにおいて悪化も招いていますが出来が悪くなるよりは遙かに良いかと。

006リアビュー。
自立はしますがイマイチ安定しないのでアンビリーカブルケーブル・・・モトイ塗装クリップの柄をさして立たせています(笑)
向かって左側の方、例の傷がちょっと目立つかなぁ^^;;
リボンはほどよく太らせれたのでは無いかと。

次に全体の光沢整えとリボンの塗装のためクリアを吹きます。ここで一つ問題が。
メッキシルバーの上にクリアカラーで塗る場合クリア吹いてベース作ると良いですと書いてあるがどのクリアか書いてない

プレミアムシルバーがラッカー塗料なのでラッカーやウレタンは上手く乗らない旨はかいてあるので水性しか無いわけですがイマイチ確信は無し。と言っても迷ってる時間も無いのでモデルマスター(水性)のグロスクリアを吹くことに

007吹いたところ(プカーン)

気のせいかクロムっぽくなってしまったような^^;;;
リボンはこの後クリアグリーを載せるため少し強めにクリア吹いています。
モデルマスターのグロスクリアなんか青っぽいんだよなぁ・・・

一頃乾燥まち・・・・
乾燥後リボンにやはりモデルマスターのクリアグリーンを吹き装備させて完成!

008メタルプチッガイ、ラフレシア(の上)に立つ!
MG F91のおまけのラフレシアの上に立たせてみましたwww
ラフレシアの職種とグリーンのリボンが妙なマッチ感ですが特に狙っては居ませんwww

009ここからは完成後の写真を掲載。
立ち姿
光沢があるせいか写真にすると濃淡の差が如実に表れるような気がします。

 
 

010

どやぁ!( ・´ー・`)
なんかに合いそうだったので文字入れてみました。意味は全くありませんwww
 
 
 
011リアビュー
緑のリボンが良いアクセントに・・・なったはずと信じてwww

一応軽いグラデと言うことでリボンの結び目部分は薄めに、外と裏は濃いめに塗っています。
まぁ、そんなにしっかりと色分けできては居ないですが^^;;;
 
012最後、おまけ。
ホールディングアーム装備、正確にはドーベンウルフの隠し腕ですが。

隠し腕はサフEVO(銀)で塗っているので同じ銀と言っても違いが見えるのでは無いでしょうか?
さすがにサフEVOでは鏡面仕上げは無理です。こうして比較するとサフEVOは白銀っぽくなってますね・・・

と言うわけでプレミアムシルバーメッキ要点まとめるとこんな感じ

(長所)
・希釈済みのためシンナーでの失敗が少ない
・  〃       すぐ使える
・鏡面仕上げが簡単綺麗で手軽にできる
・速乾性のため作業が早い

(短所)
・塗料カップへ入れる場合に液だれしやすい
・コストパフォーマンスが悪い
・下地の影響をかなり受ける

個人的にはもうちょっと厚塗りしやすい仕様だとほぼパーフェクトになるのでは無いかと。コストパフォーマンスについては量産効果が出るまたは容量バリエーションなどで改善されることを祈るしか無いかなと。

ただ、高い高い言ってますが値段に見合った効果は出せると思うのでこの効果が欲しい人は迷わず行くべきです。

とにかく私のような素人がいきなり試してみてもそれなりに上手くいくというのは良いマテリアルで鏡面仕上げの効果が欲しければ使う価値は十分にあり。

あと、ブラシ洗浄も不安視されていましたが通常の塗料と同じで全く問題ないかと。この辺りも使いやすくしている要因では無いかと。

後はやっぱり市販予定価格が1200円なのでここを何とかして頂ければ・・・使用量が結構ありそうなのでどうしてもここを考えないわけにはいかないんですよね^^;;ガイヤサン、ヨロシクオネガイイタシマス

今日の1曲:I Bileve I'll Dust My Broom / ROBERT JOHNSON

« 鏡のない世界 | トップページ | GRD 2015/03分 »

「ガンダム」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100961/61358916

この記事へのトラックバック一覧です: (ぷち)メタルゴッド:

« 鏡のない世界 | トップページ | GRD 2015/03分 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Twitterさん@TL

  • Twitter営業日記

ゴッドハンド

  • 作業工具専門店のゴッドハンド

Link Share

  • フルイチオンライン
    フルイチオンライン
  • フルイチオンライン<検索>
  • AnimateOnline
    アニメイトオンラインショップ
  • Link Share
    アフィリエイトならリンクシェア
  • プレミアムバンダイ
    ガンダム30周年記念キャンペーン
  • HMV/エルパカ
    HMVジャパン
  • BOOK-OFF Online
    ブックオフオンライン
無料ブログはココログ